だてに50年近く生きてないっすよ。

投稿日:2017/10/7  更新日:

天気が悪くなると思ってたら、午後から晴天となり暑いぐらいの1日でした。運動会を開催したとこも多かったんでしょうねー。晴れて良かったです。

すごーい!たーのしー!

今日は、午前中からブログ勉強会をして、一旦家に戻り、またすぐ午後からの鑑定に。

鑑定には、20代の岡山在住と30歳の東京在住の女性2人組。東京の方が岡山の友人のとこへ旅行に来たついでに鑑定に来てくれました。

鑑定では、「すごーい!たーのしーうーれしいーフレンズだねー!」とまでは言ってませんが(笑)、何もかにもが腑に落ちたと喜んでくれました。

「ブログでも読んでましたが、すごい分かるものなんですね。」って褒めてくれたので、「そりゃ年の功よ!(=`^´=)エッヘン」と鼻息荒く答えておきました。(笑)

だてに50年近く生きてないよねー。手相観としての経験知だけじゃなく、社会人歴も30年近いわけだし、複数の会社で営業もやったし、ホステスも10年やったし、たくさん本も読んできたし、その辺の人に比べて何倍もの人に会ってきてるからね。

たくさんの人に会ってきた分、私の中に色んなタイプや行動・思考パターンのデータベースが出来上がってるからね。会うだけでも色々分かることがあるんですよー。

あれから30年

さっき、30年前に起こった宮崎勤の事件がドキュメンタリー形式のドラマで放映されてました。取調べ時の肉声テープも公開され、その肉声に合わせてドラマが進行していました。

たまたまチャンネルが合ってしまい、そのまま見続けてしまったのですが、知らないことも多々ありました。

30年前と言えば、18、19歳頃。事件のことは知ってたし、しばらくの間、捕まらなかったので不気味に思ってたことを思い出しました。

「同じ世界に住む、ただの人間だった」と、取調官を務めた刑事が呟くのですが、「ただの人」が殺人者にもなりうる事実を、誰もが忘れてはならぬと思いましたです。

ちょっとしたキッカケから簡単に闇に落ちることもあるのが人間で。ちょっとしたキッカケで人生が大きく好転することもあるのが人間なんですよね。

闇に引きずりこまれないように、心して生きていこうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-ブログ

スポンサーリンク

Copyright© 手相観ぱなせ ♥ 2012-2017 All Rights Reserved.