メッセージへのお返事:「スピ系の仕事をしたいと考えてます。」

投稿日:2016/11/4 更新日:

ワタシ的には大型案件だったサイト製作がとりあえず完了したことで、やりきった感から脱力の数日でした。そろそろスイッチいれないとな。

さっきまで「となりのトトロ」を本気見してました。何度見ても良い映画は飽きないでえすね~。今はトトロもネコバスも当たり前の存在だけど、最初に見た時は衝撃でした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

森の精霊を現しているんだと思うんだけど、トトロを観る度に懐かしいような新しいような何ともいえない感覚が呼び起こされます。で、映画見ながら、今日セブンイレブンのくじで当たったお菓子を食べて、( ゚д゚)ハッ!昭和だ!な意識に。

お菓子のパッケージをよく見れば、ベビスターラーメンじゃないの!ちっちゃい頃、よく食べてたわ!と、いきなり昭和へタイムスリップですよ。(笑)味覚からもタイムスリップするねー!

20161104_2-min

で、前置きが長くなりましたが、今日はブログへメッセージをくれた方への返信です。「お返事する=時間・労力を使う」ことだし、その方だけに宛てるにはモッタイナイので、ブログネタに使わせて頂きますねー。

県外で鑑定することは、ほぼありません。

この方からのメッセージには、「対面鑑定に行くには遠いので、関西方面で鑑定する機会があれば・・・」とありました。他にも「東京に来る機会は?」とか聞かれたりするんですが、県外に行ってまで鑑定する気はありません。

交通費負担してもらうとなると、数人で割っても負担が増えますしねー。それに、老猫がいるし、父親もガンなので、いつ何があるか分からないので遠出の仕事はしないようにしてるんですよね。

最近、「2年前からブログ見てました。」って方が、友人との旅行でこっち方面に来ることになったので・・・と予約をいれてくれました。この間の人も、「仕事で来る機会ができて予約いれました。」と言われてました。

遠いとは言え、お互いに日本国内にいるので、いつか会える機会が出来るかも~ぐらいのノリでいましょう。縁があれば・できれば、会う機会もできますよ。

スピ系の仕事を本業にするのは、正直言ってススメません。

さて、本題。メッセージの中に、下↓のような言葉もありました。

私の希望は「人を癒す仕事をする方向に進みたい」です。
看護師さんなどの「癒す」ではなく、占いやレイキなどスピリチュアルな方面での仕事をしたいと考えています。

この方は、40代前半。既婚者。現在、事務の仕事をしてる会社員。こうした経歴の人が、占い師などのスピ系の仕事をしたいという相談は、ちょくちょくあります。

その際、ほとんどの場合「オススメしないよ。」と答えます。お金に余裕があって、趣味の範囲でするなら自由だと思いますが、今の仕事を辞めて、スピ系を本業にしたいと考えてるなら、絶対にススメません。

事務員しかしたことない人が、直接お客さんからお金を貰うってことが出来るのか?って話なんですよ。手相が観れれば仕事になるか?と同じで、手相が観れても仕事にする(お金を稼ぐ)のは簡単じゃないんです。

「人を癒やしたい」と思う気持ちは尊いものだけど、占い師やスピ系をしたいと思ってる根本に、現在の仕事や家庭(環境・状況)からの逃避願望が無いか?を考えてみると良いと思います。

ワタシ的に言えば、占い師やスピ系は水物(水商売)ですよ。規制があるわけでもなく、結果に責任を問われず、正解不正解を判断する材料も無い。領収書を出さない占い師やスピ系も多く、ほんと水商売と同じです。水物商売なので、その時代時代で流れます。

通常のビジネスならレシートや領収書を出します。お金を頂くのだから、出すが当たり前ですが、こうした水商売は、そうした部分が曖昧です。だから、安易に始める人が多いのも現実。

プラス。占い師もスピ系はお互いのエネルギーの交換となるので、良いも悪いも因縁を受けます。スピ系の仕事で人を癒せると思うのも大勘違いです。

結果的に人を癒やしたとしても、お金を頂く限りビジネスです。どんなに心地よい言葉をはこうともビジネスはビジネスです。ただ人を癒やしたいと言うならタダ(ボランティア)でやれよ!って話になります。

メッセージをくれた方は、とても真面目で良い人だと思うんです。良い人だから「人を癒やしたい」と思うのだとも思います。だけど、そこにビジネスの視点が抜けてます。

事務員の仕事のように、会社に行っていれば給料がでるわけではありません。占い師でもスピ系でも自分自身で営業をしなくてはダメなんですよ。誰も固定給を保証してくれません。

それに。ヘンなお客さんもいますよ。そうしたことを想定できているのか?と問いただしたくなります。営業経験でもあれば、また良いですが、単純に「人を癒やしたい」だけを理由に、今の仕事をやめてまでやってはダメです。

やるならば、今の仕事を継続しながらです。40代前半なので、あと20年は社会の中で働けます。(他人の会社で働いて給料を貰えるという意味ね)60歳以降で、占い師やスピ系の仕事をはじめても遅くないですよ。

社会で働けるうちは、少しでも長く働いた方が良いです。事務員の仕事が出来る人なんですから、今の会社に限らず、どこかの会社で働くほうが良いと思います。会社員が出来ない人間もいるんですよ。>私な。(笑)

そういう人は、食べていくために独立起業をするべきだと思いますが、会社員が出来る人達は焦らなくて良いと思います。人生は長いですよ。この先の未来を想像してみましょう。

この方が60歳になるには、20年近くあります。20年あれば、世の中がどれだけ変化するか?誰にも分かりません。定年制度だって無くなってるだろうし、AIやロボット・コンピューターが多くの仕事を受け持って、人間がする仕事は、今とは違うものになってきてるでしょう。

社会を見ながら、自分自身の環境・状況の変化も見ながら、勉強は続け、実際に鑑定や施術もして実績・経験を積んでいくと良いです。やってみれば、色々なことにも気づくはずです。自分に足りないことも分かるでしょう。

自分の性に合っていて、お客さんも途切れることなく来てくれて、事務員の給料と同じ、もしくはそれ以上稼げるようになったら、事務員の仕事をやめていいと思います。

占い師に限って言えば、社会を知らずして占い師は務まらないと思います。手相観に限って言えば、線の意味が言えるだけでは継続的な商売になりませんよ。何をするにも、フリーでやるなら営業力が必要だってことを忘れないように。

いつか独立したいなら、今からブログを書くぐらいのことはしてないと。「人を癒やす仕事がしたい」と自分のしたい仕事が出来るようになるためにも、考えるより行動です!何事も行動することでしか結果は出せませんからね!

ってことで。Kさん。メッセージを、ありがとうございます!ネタに使ってゴメンね~。

「○○したい」と思いを持つことは素晴らしいことです。だけど「したいしたい症候群」にならないように、今できる行動をしていきましょう!

さぁて、明日のブログネタは~♪

「さぁて、来週のサザエさんは~♪」風に。(笑)

明日もブログにメッセージをくれた方へのお返事シリーズです。

「四柱推命では生まれた時から運命は決まってる、と言われなんか救いがない気がしてましたが・・」へのお返事です。お楽しみに~!(`ΦωΦ´)ノ゙

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-お返事

Copyright© 手相観ぱなせ ♥ 2012-2017 All Rights Reserved.