吉方位に行く際に凶方位の空港を経由するのですが・・・?

投稿日:2015/07/5 更新日:

鑑定から戻ってきたら、電話がなりました。以前、方位鑑定をした方からでした。で、タイトルの質問をされました。「そうか。経由地の方位も気になるんだな。」と知りましたので、みんなでシェアです。

ただし、この考え方は、私の考え方です。この考え方だけが正解ではありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

重要なのは、寝る場所が吉方位であること!

さらに詳しく状況を聞いてみると、
・国内旅行である。
・空港経由で行くのだが、空港は自宅から凶方位となる。
・空港には4時間ぐらい滞在。
「この場合、どう考えたら良いのでしょう?また、帰りの方位はどう見たら?」
との質問でした。

空港の方位や目的地の方位を聞いてないですが、イメージとしては↓のような感じですね。
20150705-min

先に答えを言うと、吉方位旅行において重要なのは「寝る(泊まる)場所」です。寝る場所が普段寝ている自宅から見て吉方位であれば、どの方位を経由しても大丈夫です。この方の場合、国内旅行なので、その日のうちに目的地の吉方位に着くので、さらに気にしなくて良いです。

自宅から空港が凶方位となり、空港から目的地が吉となるのか凶となるのか分かりませんが、そもそもの目的地は赤ラインの吉方位なので、実際の経路は凶方位をたどるとしても、吉方位へ向かう赤ラインを強く意識していれば良いです。

もしこれを行き先ごとに細かく方位を観るならば、
①自宅から空港の東に向かうのに良い日(日盤で東が吉方位となる日)
②空港から目的地の南に向かうのに良い日(日盤で南が吉方位となる日)
この①東と②南の両方が、同じ日に吉方位となる日を選ばなければならず、そんなとこまで気にしてたら旅行なんて行けないです。

仮に空港の方位が「東」とした場合、2015年度の「東」は年盤において誰にとっても凶方位となります。4時間ほどの滞在ならば、年盤や月盤は気にする必要がありません。心配ならば日盤で東が吉方位となる日を出発日としたら良いです。

あくまでも目的地(寝る場所)が、自宅から吉方位であること!これを最重要項目とし、経由地の方位も日盤で吉方位となる日を選べたら、なお安心。と考えたら良いです。

帰りは、戻るだけなので方位の吉凶は考えなくて良いです。気になるなら、日盤でその方位が凶方位にならない日を選べば良いです。

日盤における吉凶方位の見方は、↓の本でお勉強すれば自分で観れるようになりますよ。

経由地に宿泊する場合は、宿泊する場所の方位を観たほうがいいかも。

海外旅行だと、海外の空港で乗り換えがあったり、待つ時間があったりしますよね。できるだけ経由地には宿泊せずに、すぐに乗り継ぐようにした方が良いですが、そうはいかない場合は、宿泊する場所の方位を観たほうが安心だと思います。

飛行機の中で日をまたぐ場合も、宿泊にはなりません。移動してますから。車での移動の場合も同じです。途中のパーキングでの仮眠は宿泊になりません。

方位の影響は、「遠いところに長く滞在」するほど強くなります。海外旅行となると経由地に行くにも距離もあるので、それぞれの方位の吉凶を観たほうが良いかもしれません。ただ凶方位であっても、闇雲に怖がる必要はないです。

方位の影響は味覚と同じで、人によって影響の感じ方は様々です。同じカレーを食べても、「甘い」「普通」「辛い」「めっちゃ辛い」というようにね。凶方位に向かう時は、早め早めの行動をするとか、別の方法も考えておくとかしておきましょう。まぁいつ何時でも、何があるか分からないですからね。準備しとくのは良いことです。

尾崎ィーーーー♡

私、有料テレビを契約してて、仕事中はテレビを流しっぱなしなんですが、なんとなんと1991年5月20日横浜アリーナでの尾崎のライブが放送されてますよぉーーー。高校生の時、夢中になったんです。もう好きで好きで好きで好きで・・・。

尾崎だーーー!!(呼び捨てですみません。私にとって”尾崎”は”尾崎”なんです。)
20150705_1-min

テレビの画面を撮ってます。怒られるかな?
20150705_2-min

亡くなったと新聞にでた時には、父親が大声で「尾崎が死んだぞーー」と叫びながら起こしにきたほどに、私の尾崎好きは周知のことだったのです。追っかけしてたぐらいだからね。(笑)

彼が死んで数年後、夢に尾崎が出てきました。家まで来て、一緒に散歩したんですよ。いまだにその時の夢を鮮明に覚えています。あー別れを言いに来てくれたんだなーと思いました。とは言っても、直接知り合いではなかったですけどね。

でも追っかけしてた時に、エレベーターに一緒に乗りました。手を伸ばせば、そこに”尾崎”がいる距離にいました・・・あぁ~(T_T)今夜は、”尾崎”に浸ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-方位について
-

スポンサーリンク

Copyright© 手相観ぱなせ ♥ 2012-2017 All Rights Reserved.