日盤も侮れるなかれ!遠くに行けば行くほど、吉凶の影響が強くでるよ。

投稿日:2014/09/16 更新日:

日盤でその日の干支が入る反対側を【日破(にっぱ)】と言います。【五黄殺・暗剣殺】と同じように、誰にとってもダメな凶方位になります。

日盤は、その日1日の移動に影響しますので、吉方位旅行に行く日や引っ越しの日(新居で寝だす日)は吉日を取るように勧めています。しかし、毎回良い方位ばかりは取れないこともあります。年盤・月盤では吉方位なのに、日盤が悪かった場合はどうなるか?って言うと、やっぱり凶作用が起こるんですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日破の現象例

2014年5月19日、20日に、東京からバリ島に強行日帰り出張をされた方がいました。バリ島へ日帰りで行く人は、まずいないと思いますが(笑)、どうしても行かなくてはならない用事があったのです。その方は「五黄土星」。東京からバリは、行きは「南西」、帰りは「北東」です。

19.20日でバリに行って帰ったとして、確かに日盤では良い方位ではありませんが、年盤・月盤ともに、南西(行き)は普通方位で、北東(帰り)は吉方位なので、総合的に見ると、あまり気にする必要はないです。

行きが【日破】となるので、ちょっとトラブルがあったりするかもしれないなーぐらいに思って、何かあったとしても余裕を持って対応できるように、早め早めに準備・行動するようにすれば良いと思います。

と簡単アドバイスをしておきました。戻られてから、報告メールを頂きました。

5/19の日盤を確認しておきましょう~。三碧木星が中宮に入る、寅の日でした。「寅」が入るのは「北東」なので、その反対側の「南西」が【日破】の凶方位となっていました。
20140519.min

方位で頂いたアドバイス通り、行きは、隣の席を空けておいてくれたはずなのに、なぜかインドネシア人が隣に移動してきて「こんばんは!」・・。「こんばんは」とこちらも言いましたが、その隣は4席も空いているし、前は2席3席と空いているのに、何故私の隣に来るのか訳もわからず、堪り兼ねて、こちらが他の4席空いている席に移動する始末。

<中略>

脚が辛くて脚が辛くてどうにも明け方には吐き気まで催し始めて寝られず、あの袋を手に持ちトイレに駆け込む始末。なんだか方位の通りで、若干の運の悪さと言うか、気持ちの凹みもあって往路はかなり落ち込みました。笑。

うぎゃー!案の定というか何というか、しっかり凶作用がでたようです。方位のことを知らなければ、ただのアンラッキーなこととしか思わなかったでしょうが、方位の影響のことを知っていると、「方位の影響だ!」とわかるんですよね。

そして、帰りの5/20の日盤です。戻りなので「北東」へ向かうことになりますね。
20140520.min

「北東」には【七赤金星】が入ってました。【五黄土星】の方なので、吉方位になってました。さて、帰りはどうだったかというと・・・?

その代わり、復路は、カウンターのお姉さんに隣に人が居ない場所とって欲しいと伝えると、ブロックまでして席を確保してくれて人が来ないようにしてくれました。お陰様で、今回は楽チンで横に成ったりして帰る事が出来ました。

<中略>

不思議なもので方位の神秘を当たり前に経験しました。本当にお知らせ頂いたとおりでした。色々と有難うございました。

ヾ(@^▽^@)ノわはは!これまた、素晴らしい吉作用が出たようですね。おもしろい!おもしろいけど怖い!知れば知るほど、「方位の影響はある!」って言いたくなる気持ちが分かってもらえますよね?ね?(笑)

今回の方は、5000kmもの長距離移動だったので、方位の影響が強く出たんだと思います。方位の影響は、遠くへ行けば行くほど強くなりますからね。

日盤でも吉作用・凶作用が出てきますので、日にちを変えられるならば、ぜひにも凶方位への移動は避けるようにして下さいね~。どうしても行かなくてはいけない場合、「方違え(かたたがえ)」をすることによって、凶方位を避けることが出来ます。この話を書き出すと長くなるので、また今度~♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-方位について
-

Copyright© 手相観ぱなせ ♥ 2012-2017 All Rights Reserved.