引越しで凶方位に行く時の対処方法

投稿日:2014/12/14  更新日:

日帰りで凶方位」「泊まりがけで凶方位」と内容がかぶるところが多々ありますが、凶方位に引越し場合の対処方法です。

この対処方法は、どれか1つすれば良いというものではなく、出来るもの全部行ってほしいです。引越しは、ほんの数メートルの移動でも、その方位に長く留まることになりますので、いくら対処しても凶作用は受けます。よって、出来る対処方法はすべて行って、大難を小難に変える努力をして下さい。

①月盤で吉方位となる時期に行く!

年盤で凶方位ならば、せめて月盤で吉方位となる時期に引越ししましょう。2015年度で観てみます。

2015年度の「北東、東、西」は、誰にとっても凶方位になります。
2015年の年盤
2015年度凶方位※北が上です。
2015年3月の月盤を観てみましょう。
2015年3月の月盤
方位盤4※北が上です。

2015年3月の月盤において、誰もがダメな凶方位は「五黄殺の北西」「暗剣殺の南東」「定位対冲の北」「月破の西」と4つの方位になりますが、年盤で凶方位である「北東、東」は人によって吉方位になります。(あくまでも月盤だけの吉方位)

2015年度の「北東」は【歳破の凶方位】ですが、3月の月盤であれば「一白水星、二黒土星、五黄土星、六白金星、八白土星」の人であれば吉方位になります。

このように、年盤で凶方位となっているなら、せめて月盤で吉方位となっている時に引っ越せば、すぐには凶作用が出てきません。しかし、あくまでも対処方法であって、年盤は凶方位なので、じわじわと凶作用の影響がでてくることは忘れないで下さい。

続いて、2015年4月の月盤を観てみましょう。
2015年4月の年盤
方位盤3※北が上です。

2015年4月の月盤になると、「北東」には「六白金星」が入りますので、「一白水星、二黒土星、五黄土星、七赤金星、八白土星」の人にとっては吉方位になりますが、この月盤は年盤と同じ中宮(真ん中の星)で重なっており「年盤、月盤の同会の時期」になります。同会する月は、吉凶どちらも倍に強化されます。

同会する時期は吉凶どちらも倍増されますので、いくら月盤で吉方位でも同会の時期は年盤の凶作用が倍増されていることなるので、この時期は行かないほうが良いです。

「吉凶倍増ならば、月盤の吉作用も倍増なのでは?」と思いますが、年盤、月盤、日盤で影響力の強さ・長さは、年盤>月盤>日盤となりますので、年盤の凶作用が倍増されている時期は、いくら月盤で吉作用が倍増されようとも年盤の凶作用の方が断然強いので避けたほうが良いです。

転勤とか会社命令での引越しの場合、引越し時期は選べないですよね。その場合は、せめてせめて日盤で吉方位となる日に引越し、できることなら、凶方位へ引越し60日経過後、吉方位へ引越しするかマメに吉方位へお出かけしましょう。

月盤だけの凶方位でも避けたほうが良い!

年盤では吉方位だけど、月盤で凶方位となってる時期に引越した場合でも、凶作用を受けます。月盤の影響は、最初の10ヶ月間に強くでて、その後長ければ60ヶ月(5年)あると言われています。

年盤で吉方位であれば、除々に年盤の吉作用がでて、月盤の凶作用も抑えられてくるでしょうが、方位の力は人によって影響力が違うので、出来れば月盤で凶方位となっている時期は行かないほうが良いです。

年盤で吉でも凶でも無い普通方位の場合は、月盤の凶作用のみを受けますので、これも避けたほうが良いです。

②方違えして、新居を吉方位または普通方位に変える!

新築して家を建てたけど、その方位は凶方位になる場合や県内の引越しなら方違えすると良いです。この時、本来の目的地が吉方位となるような場所に行くのが良いです。

↓のような感じ。☆が現住所。◯が凶方位となる新居とします。
20141208_1-min
☆現住所から◯新居に直接行くと凶方位となってしまう場合、先に♡の仮宿に引越し、60日以上経過後◯の新居に向かうという方法。♡は吉方位となるようにし、♡から見た◯も吉方位であれば最高!

これは目的地そのものの方位を変えてしまう方法で「方違え(かたたがえ)」と言います。日帰りや数日の宿泊の場合は、前日からの方違えで良いですが、引越しとなると方違えの日数が60日必要になります。

引越しの方違えは、仮宿に60日(約2ヶ月)は住む必要があります。

引越し後60日かけて、新しい住所の地に気の根を張っていきます。この60日は十干十二支を一巡することを根拠としています。(詳細はココ

流派によっては、1週間とか30日とか言われているそうですが、私は60日(十干十二支を一巡する日数)としています。

十干十二支60の組み合わせは、1~60まで順番が決まっていますので、例えば、「8.辛未(かのとひつじ)」の日から仮宿に寝だしたなら、「7.庚午(かのえうま)」まで連続して寝ることで十干十二支を一巡します。(十干十二支60の組み合わせはコチラ

もし途中でどこか別のとこに寝泊まりしたなら、その日の十干十二支が抜けることになるので、別で寝泊まりした日数分を追加して仮宿に寝泊まりして下さい。

県外への引越しの場合、方違えは現実的には難しいと思う。

県外への引越しの場合、方違えするのに相当な距離が必要となります。

例えば、私(五黄土星)が2015年に大阪に引っ越すことになったとして方違えを考えてみます。大阪は「東」になります。
20141214_3-min

2015年度の五黄土星の吉方位は「北、南東、南、南西」です。「東」は【暗剣殺の凶方位】になります。

2015年【五黄土星】の年盤
2015年度五黄土星の年盤※北が上です。

「東の目的地」に行きたい場合、「北東に行って、南に下がる」か「南東に行って、北に上がる」かで「本来なら東の目的地」に行けます。

「北東」は凶方位なので仮宿としても避けるべき方位となりますので、方違えするなら「南東に行って、北に上がる」とすれば、南東(仮宿)も北(本来の目的地)も吉方位となります。

↓のように動けば、大阪も吉方位となる。
20141214_2-min

大阪を吉方位にしようとすると、一旦和歌山辺りに住み、そこから北に上がることになります。仮に仕事のために大阪に引っ越すならば、和歌山から通うことになり現実的には難しいです。

個人的な理由での引越しや引越し後に仕事を見つけるとか住む場所に関係ない仕事ならば、県をまたいでの方違えも出来ると思いますが、実際のところ、県をまたいでの方違えは難しいと思います。

③引越し60日後に、新住所を中心とした吉方位へ引っ越すかマメにお出かけする!

引越し後60日かけて気の根を張りますので、気の根がしっかり張られた後、早めに吉方位へ引っ越すかマメに吉方位へお出かけすると良いです。

60日経たない間だと、気の根は元住所と新居の両方にあると思ったほうが良く、太極がぶれぶれの状態になっています。60日未満の場合、新居はまだ仮移転先でしかないので、元住所を中心とした方位を観ることになります。

60日(十干十二支一巡り)経過後、新居を中心に方位を観て、吉方位となるところへ引越しするか、マメに吉方位へお出かけするようにすれば、この引越しで受けている凶作用を多少は抑えることができると思います。

④日当たり、風通しの良い家を選ぶ!

住む家(寝る場所)も、とても大事です。日が当たらない家は、じめじめして気が沈みますし、風邪が通らない家は、気が滞り色々なことが停滞しますので、日当たりが良く、風通しの良いところを選んで下さい。

間取りに関しては、家相の話になるので、なんとも言えませんが、賃貸において完璧な間取りはありませんので、優先すべき条件として「日当たり、風通し」を入れて下さい。

⑤荷物を入れる前に、徹底的に掃除する!

出来ることなら、荷物を入れる前に、家の中を徹底的に拭き掃除して下さい。最初は水拭きし、仕上げに塩水で拭き掃除すると、だいぶ清められます。玄関のたたきや扉も拭き掃除して下さい。できれば天井も。

イラスト

賃貸や中古住宅の場合、前に誰か住んでいた人がいます。その人の残った気を拭き取るつもりで拭き掃除したほうが良いです。

また拭き掃除することで、自分の気を家になじませることができます。家の中を自分のオーラでいっぱいにするつもりで、笑顔でゴシゴシ拭き掃除です。

⑥住みだしてからも掃除+整理整頓!

住みだしてからも、水回りを中心に掃除を怠らないように!押入れや引き出しの中の整理整頓もこまめにしましょう。

1番は玄関です。玄関から気が入ってきますので、ごちゃごちゃ飾り立てることなく出来るだけシンプルにして、マメにお掃除です。たたきや扉の拭き掃除もしましょう。

自覚は無くとも、凶作用で悪いエネルギーを受けていますから、少しでも頭をクリアにし、気を滞らせることのないように、掃除&整理整頓をするようにしましょう!家の中が汚いと凶作用と相まって、どんどん運気を下げてしまいますからね。

あと、塩風呂に入るとか赤いものを身につけるとかも、どんどんやって下さい。凶作用を受けるとは大雨・大雪の中に身体を晒すということと同じなので、赤いものは下着や服など、身体を覆うものが良いです。

凶方位だからとやたらと不安がらないように!

凶方位に行くからと、何かにつけて不安がったり心配しすぎたりするのも精神的に良くないです。凶作用の影響は、人によって全然違いますから、部屋を美しく保ち、マメに吉方位にお出かけしていれば、凶作用を感じずに済むかもしれません。

凶方位の種類によって出てくる凶作用もさまざまなので、凶方位について知り、何か起こったら小さな問題のうちに対処するようにしていきましょう。

方位の凶作用で色々な災難やトラブルに見舞われたとしても、それはそれで貴重な経験となり、人間力を高めてくれますが、出来れば災難もトラブルにも巻き込まれたくないので、出来る限りの対処方法を行って、大難を小難にするようにしていって下さい。

\ スポンサーリンク /
\ スポンサーリンク /

ぱなぶろ復活!

こっち(手相観)のブログを毎日書くために、長く放置状態だった「ぱなぶろ」を、思い立って11/2より復活してます。良ければ、そっちも読んで下さーい。

-方位について
-

\ スポンサーリンク /

Copyright© 手相観ぱなせ ♥ 2012-2017 All Rights Reserved.