七赤金星(西)の象意

投稿日:2015/01/21  更新日:

七赤金星【沢の象】
水が集まって沢が出来ます。水があるところに生き物は集まり、植物は成長し実ることから、育った穀物を収穫する「喜び」や「笑い」「実り」を示し、収穫物は売ってお金に変えることも出来るので「金運」も示します。

写真

「初秋」「17~19時」を示します。収穫の”秋”から”商い”を示し、”口”の象意もあり「食べ物に困らない方位」とも言われます。しかし収穫は、目論見違いや目減りなどもあるので”不足””欠落”という意味も持ちます。

七赤金星の象意一覧

この他にも象意はありますので、随時追加していきます。そもそも”象意って何?”の方は、先にコチラをご覧下さい。まぁ簡単に言えば、その方位の特徴を示すキーワードです。

季節・月 初秋、9月
時刻 酉の刻/17時~19時
色・数字 夕日のような茜色・黄金色、4と9
象意の全般 秋、沢、沼、夕日、低地、実り、喜び、飲食、金銭、紙幣、利息、銀行、預ける、散財、不足、不十分、不注意、欠陥、破損、手落ち、引退、歌う、笑う、口に関すること、口論、恋愛、交際、金(ゴールド)、刃物など
吉方位 吉方位で活用すれば「金運」をアップしますが、この星の金運は動きのあるお金のことです。入っても出て行く「動くお金」の金運なので資金繰りを良くしたい人には良い方位です。「恋愛運」にも良い方位で、恋人が欲しい、今の恋を成就させたい人に良いです。「口」に関する仕事(アナウンサーとか歌手など)を望む人にも良いです。
凶方位 凶方位で取ってしまうと、何かとお金が出て行って貯めることが出来ません。若い人が取ると遊び癖がつきます。食べ過ぎ・飲み過ぎや口に関するトラブル、不注意からアンラッキーなことが起こったりします。
人物 少女、芸者、ホステス、芸人、飲食店(水商売)に関わる人、金融業に関わる人、口を使う職業(アナウンサー、歌手、司会者、講演家など)、歯科医など
場所 飲食店、喫茶・カフェ、講演会場、コンサートホール、結婚式場、水たまり、井戸、貯蔵庫、造船所など
身体 口、歯、耳鼻咽喉、肺、呼吸器、女性器など
病気 耳鼻咽喉に関わる病気、口内疾患、虫歯、口・肺に関わる病気など
動物 羊、猿、ニワトリ、セミなど
食べ物 鶏肉、鶏がらスープ、親子丼、焼き鳥、卵、酒、甘酒、餅菓子、飴、秋の七草、辛いものなど
買い物 金(ゴールド)のアクセサリー、飲食に関係する冷蔵庫や貯蔵庫、刃物を購入するのに良い方位です。不足・欠陥の象意があるので傷物に当たったり、予算以上に出費が多くなったりするので注意が必要です。

象意例

七赤金星で吉方位を取った時の象意や凶方位で取った時の象意の活用事例です。随時追加していきます。

歯医者に行くなら、七赤金星(または西)の方位が良いです。
口に関する悪癖(喫煙、お酒の飲み過ぎ)を辞めるに、七赤金星(または西)の方位を取ると良いかも!
デートには最適な方位。でもあっちこっち行って出費が多くなる傾向があります。
楽しいお酒が飲めますが、飲み過ぎてハメをはずないように注意!飲み過ぎから周囲に迷惑をかけたり、口論になったりします。
楽しい時間が過ごせたり、交渉事もまとまりますが、何かちょっと物足りない感が残ります。不足・欠陥の象意があるので、少し足りない感じになります。
\ スポンサーリンク /
\ スポンサーリンク /

ぱなぶろ復活!

こっち(手相観)のブログを毎日書くために、長く放置状態だった「ぱなぶろ」を、思い立って11/2より復活してます。良ければ、そっちも読んで下さーい。

-方位について
-

\ スポンサーリンク /

Copyright© 手相観ぱなせ ♥ 2012-2017 All Rights Reserved.