間取りについて聞かれるので、私のチェックポイントを書いとくよ。

投稿日:2015/02/1 更新日:

方位鑑定の流れで、間取りについての助言を求められることも多くあります。

間取りなどの方位を観る「家相」と、移動の方位を観る「方位学」は見方が違います。」にも書きましたが、私が観ている移動における方位学と地相・家相における方位学というのは見方が違うので、地相・家相についての鑑定はしていません。

それでも、「ぱなせさんなりの意見を」と聞かれるので、ここでまとめておきます。ただし、あくまでも私の基準なので参考程度ってことでね。

ぱなせの間取りチェックポイント!

①日当たりが良いか?

ベランダや大きい窓が”南向き”となってるとこが理想!または”東向き”。朝日から昼の太陽が当たる部屋が必ずあること!

②風通しが良いか?

対角線上に窓があること!風(気)が流れやすい家が良し!

③凸凹した家じゃないか?

理想は、正方形や長方形の家!欠けや張りが、できるだけ無い家が良し!

④収納は多いか?

家で仕事するので、生活用品以外のものも多くあるので、収納はあって困ることなし!

⑤西に窓が無いか?

西日は、沈む太陽の光なので必要なし!(夕日はキレイだけどね)

以上、5点が私の譲れないチェックポイントです。

地形・周辺環境もチェック!

賃貸において完璧な間取りはありません。大前提として「完璧を求めない」ってことがあります。あれもダメこれもダメと言い出したら、住める家が無くなります。(笑)なので、「これだけは絶対譲れない」って項目をいくつか決めておきましょう。

また、間取りは家相になりますが、地相も大事です。間取りだけで判断したら「木を見て森を見ず」になります。「間取り」だけを見て部屋を決めるのでなく、周辺環境や地形もチェックして下さい。

最近、大雪とか大雨とか想定外の災害が起こりますから、近辺からの水の流れとか地盤の強度とか高さとかはチェックですね。各エリアのハザードマップがあるので、一応、自分の住む地域はチェックしておきましょう!⇒国土交通省ハザードマップポータルサイト

とは言え、狭い日本、これまたどこにいたって完璧に安全・安心なエリアってのは、なかなか無いと思いますので、日頃の防災・防犯意識を高めておく方が大切だと思います。

あと、共有スペースの状態や隣・上下階の住人の様子もチェックです。今は個人情報なんたらがあって不動産屋さんに聞いても、どんな人が住んでいるか教えてくれませんから、私はベランダやポストの名前、自転車や車を見て、隣近所の住人を想像します。子供のものがあれば子どもがいるって想定できるので、「ちょっとうるさいかも?」とか想定できますからね。

占い本に振り回されないように!( ̄ー ̄)

占い師の私が言うのもなんですが(笑)、よく「西の玄関は・・・」とか「鬼門の水回りは・・・」とかありますが、そういったことは私はほとんど気にしません。玄関や水回りがどの場所にあろうとも、いつもキレイにしておけば大丈夫!と思っているので。

生活スタイルによって、譲れないチェックポイントが違うと思うので、自分なりの「譲れないチェックポイント」を決めておけば、ブレることも無いです。あとは、「はじめて部屋に入った時に、どう感じたか」だと思います。

自分の感覚を信じて、引越し前の掃除と引越し後のマメな掃除・整理整頓+インテリア風水とかしていけば良いと思います。決して、「間取りが悪いから不幸になる」なんてことは無いと思います。

どれだけ完璧な間取りの家に住もうとも、空気の入れ替えはしない、部屋はゴミだらけ、水回りはカビだらけ・・・になっていれば、気が滞って余程不幸になりますよ!間取りよりも生活習慣の方が大事です。(これは、「吉方位に行くことよりも大事なこと」と通じますね。)

って、人様に言っといて、我が部屋はちょっとやばい状態になってきてます。お手伝いさんを雇えるようになりたい・・・と妄想しても部屋はキレイになりませんしね。独りもんが何言ってんだ!って世間の主婦(夫)達に怒られそうです。掃除しなきゃ・・・(-_-)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-方位について
-

スポンサーリンク

Copyright© 手相観ぱなせ ♥ 2012-2017 All Rights Reserved.