苦手なものも、苦手なりに出来るようになる努力をしなきゃね。

投稿日:2016/03/5  更新日:

バレンタインのお返しに、友人から芋がどっちゃり(”いっぱい”とか”たくさん”って意味ね)と送られてきました。私が芋女だからでしょうか?(笑)

この友人は、あと2年で生誕半世紀(50歳)を迎える私に、「女は60歳からですから」と微妙な励まし方をしてくれる優しい人です。(・∀・)

↓芋芋いも~!美味しそう~。
20160305_1-min

「苦手で・・・」と言ってる限り、一生できないまま。

今日は、とある派遣会社のお仕事相談会なるイベントに呼ばれて行ってきました。3時間で9人の方の鑑定をさせて頂いたのですが、派遣会社ってことなので、20代30代の若い人が来ると思っていたら、全員40代、50代の方たちでした。

私が、20代30代の頃は、派遣社員は35歳ぐらいまでしか仕事が無かったですよ。今は、40代50代でもお仕事紹介をしてくれるんですねー。派遣会社が一般的になって30年ぐらい経つので、仕事の幅も年齢の幅も広がったんですねー。

で、まだ登録はしてないけどイベントなので来てみたっていう50代の方が来られまして。話を聞けば、パソコンが苦手でずっと避けてきたと。で、今になってパソコンが触れないことで仕事の幅が狭くなっていて、腰も悪いので肉体労働もできず、現在、無職とのことでした。

今の時代、どんな仕事でもパソコン作業が必ずといっていいほどありますよね。配送の仕事でも、日報はパソコンから送る必要があったから、それも応募できずでした。とか言ってるんですよ。

厳しい言い方になりますが、仕事がなくて当たり前ですね。「苦手で・・・」と逃げている限り、一生使えるようにはなりません。今時、パソコンは車の運転のように、出来て当たり前のスキルですからね。

学ぶ時間はあったはずなのに、逃げてきた結果、無職。誰にも文句は言えませんね。70代でも80代でも、パソコンもスマホも使いこなしてる人は多くいるし、今の若い人は生まれた時からネットがある人達なわけで、そんな人達が社会に出てくれば、パソコンも使えない。肉体労働も出来ない人間を、どこが雇ってくれますか?って話ですよ。

誰でも苦手なものはありますよ。仕事に関係ないなら苦手なままでも全然OKだけど、パソコンが使えるのが当たり前となってる時代に、「苦手で・・・」で片付けていいもんじゃないですよね。何歳からでも脳は鍛えられます。本気でやる気になれば、どんなことでもある程度は出来るようになります。

出来るようになる!と信じ、出来るようになるまで諦めないことが大事なんです。普通の人が1ヶ月で出来ることが、3ヶ月、半年かかってもいいんですよ。苦手は苦手でも、最低限使えるようになればいいんですから。

要は、心持ちです。苦手でも、使えるようになる努力をしなければ、一生できないまま、仕事の幅はどんどん狭まり、自分自身の可能性も狭めていきます。そうじゃなくても歳は取り、肉体は衰えていくんだから、脳ぐらいは何歳になっても若く保つ努力をしないとね!

\ スポンサーリンク /
\ スポンサーリンク /

ぱなぶろ復活!

こっち(手相観)のブログを毎日書くために、長く放置状態だった「ぱなぶろ」を、思い立って11/2より復活してます。良ければ、そっちも読んで下さーい。

-鑑定こぼれ話

\ スポンサーリンク /

Copyright© 手相観ぱなせ ♥ 2012-2017 All Rights Reserved.