無知は無力!知識は武器!

投稿日:2015/07/4 更新日:

外出から戻ったら、いの一番にお猫様へのご挨拶をします。若い時は玄関まで出迎えてくれてましたが、今は私が挨拶に行きます。(笑)

今日は、座椅子の上にいました。音が聞こえているのに、わざと顔を向けません。

「ただいま、戻りました。」「うむ、苦しゅうない。(ΦωΦ)」
20150704_2s-min

スポンサーリンク

スポンサーリンク

知識は武器!

ここでもよく書いてますが、鑑定でも、現状の仕事は継続しながら、何かしら将来のために勉強やスキルアップしていくことを勧めます。その一つとしてネットを活用しようという話をするのですが、「怖い」とか「わからない」と言って、なかなか発信者になろうとする人はいません。

私は、1998年頃からインターネットに興味を持ち、2000年の32歳の頃、IT系の会社に入り、そこで基本を学び、ホームページも独学で作れるようになりました。この頃は今のように便利かつ無料で何でもある時代ではなく、ホームページ製作も、とても面倒くさい大変なものでした。

その頃は、自分のパソコンを持ってなくて、会社のパソコンならタダで使えたので、仕事が終わった夜8時や9時頃から自習勉強をし、毎日、日が変わるぐらいまで勉強してました。そのかいあって、ホームページも作れるようになりネットへの理解が進みました。

その後、この会社は潰れ、縁あって高松から小倉に行き、小倉から倉敷に戻りましたが、ホームページが作れたので、以前のお客さんに営業をかけて、ホームページ製作の仕事を請けて、自営業をスタートさせました。昔取った杵柄=ホームページ製作の知識が武器となり、仕事を作ることができたのです。

倉敷に戻るちょっと前、小倉にいた時に知り合った人に勧められてブログを始めました。(その時の話はこちら)ブログの文章を褒められることが多いのですが、なんせ12年選手ですからね。それなりに上手くなると言うものです。そのかいあって、ブログからも月数万円の収益が上がるようになってます。

人が休んている時や遊んでいる時に勉強し、知識を足し、仕事に活かし、その経験がさらに知識と経験を上積みしてくれて、今に繋がっています。出来ることが増えれば増えた分だけ、生きる上での武器が増えるのです。私は、山ほど転職もしています。それもすべて血となり肉となり武器となり、今の私を生かしてくれています。

無知は無力!

今の時代、手のひらにスマホがあります。スマホ=世界と繋がっているのです。世界と繋がるツールが手のひらにある。この事のスゴサにどれだけの人が気づいているのか?と思います。その気になれば、ネットを活用して世界の人を対象にビジネスが出来るのです。誰にでも平等にチャンスを与えられている、可能性いっぱいの時代に生きているんです。

こんな時代に生きながら、ネットを無闇に怖がったり、難しく考えたりして、活用しないなんてモッタイナイ以外にないです。私が、12年以上もの間、岡山の片田舎にいながら生活できてきたのは、ネットを活用してきたからです。ネットを活用して自分の考えやできることを発信してきたことで、それを探している人たちが勝手に私を見つけてくれました。

ほんの1ヶ月ほど前にツイッターで見つけた方がいます。この方も私が勝手に見つけた人です。御年80歳ながら、iPadやパソコンを使いこなし、ツイッターで発信しています。つい最近、テレビでも紹介されていました。人生を80年生きてこられた大先輩です。その方の最近の投稿を紹介します。

まさしく「無知は無力!知識は武器!」のことを言われていると思います。知識が無いから難しいことになる。ツイッターにしたって、その気になれば誰だって出来るのです。どんなことを書けばいいの?って考える前に、面白いと思う人のツイッターを日々読んでみれば、それだけでも勉強になります。

ミゾイさんを特別視するのではなくて、この年齢の方でもやっているんだから、「できない・分からない」は言い訳にしか過ぎないと素直に認め、まずやってみればいいんです。やってみた上でやらないと決めるのは良いと思います。やらないうちからやらない理由を探すのは、この時代に生きていながら、物事を知るチャンスを自ら放棄してることになってると知るべきです。

ミゾイさんが言われているとおり、能(知識)があれば解決できる問題でも、能が無いために難しい問題となる。そして、能が無い人は難しいことが増え、どんどん生きづらくなるという悪循環にはまる。自分が出来ないことは難しいこととしがちだけど、それは違う。能が無いから難しくなってるだけで、能がある人からすれば簡単なことだったりするわけですね。

ほんと、何度でも何度でも言いますよ。

無知は無力!知識は武器!

なんです。何歳からでも、新しいことを学べます。この先の未来、貧乏な老人にならないようにするには、継続した努力が必要だと思います。現状に感謝しつつ、先の自分のために今の時間を使うことは、先の自分を助けてくれます。本当に貧乏な老人は不幸ですよ。

私は結婚もしてないし、子供もいません。もしかしたら結婚はするかもしれないけど、子供は望めません。親に資産もありません。現在、私が生活の援助をしてるぐらいですからね。親を見て、貧乏な老人にはなりたくない!と、強く思います。だからこれからも貪欲に出来ること(武器)を増やしていきます。

私達は、恵まれた時代に生きています。この時代に生かされていることに感謝しつつ、何事にも貪欲にチャレンジしていきましょう!未来は、自らの行動によって、いくらでもいかようにでも変わります!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-日記・雑記

スポンサーリンク

Copyright© 手相観ぱなせ ♥ 2012-2017 All Rights Reserved.