今日は新月。願い事を書こう!

投稿日:2014/01/31 更新日:

今日1/31は、旧正月であり新月の日です。
今年2度目の、明けましておめでとうございます。(笑)

新月の日に願い事をすると叶いやすいとも言われていますので、今日は、心静かに宇宙と繋がって、願い事を書き出してみましょう。今日の新月は、朝6:39~だったみたいだけど、48時間以内に願いごとを書けばいいらしいので、まだ間に合う。ほんとは、8時間以内に書くと効果大らしいよ。

「願い事を書いて」と言われても、案外すぐには出てこないもんだよね。
私は、いつも同じことが願い事にでてくる。ものすごく現実的な願い。でも、いまだ叶えられてないんだな。叶えるには、神頼みだけじゃなく、実際の実務や作業を行わないと辿りつけないことなので仕方ないっちゃー仕方ないんだが、ついつい「棚からぼた餅」を期待してしまうんだよねー。(笑)

イラスト

「新月に願い事を書こう!」なんて言ったところで、ほとんどの人はやらない。なんでもそうだと思うけど、「へぇ~」と思っても、なかなか実行に移す人はいないのが現実。そこをあえて、やってみると何か変わるかもしれないし変わらないかもしれない。

けど、「願い事を書く」ことなんてタダだし、誰も傷つけないし、自分にも何の損も無いわけだから、「へぁ~」だけで終わらず、即、書いてみたらいいと思うんだ。やるかやらないかだけの違いで、未来が変わるかもしれないんだったら、やってみたらいいよね。

コミックエッセイの紹介

ところで。話は全然変わりますが、どこからかのリンクでイラストレーターの榎本よしたかさんのコミックエッセイブログを見つけました。プロのイラストレーターとして活躍されている方ですが、そこにいたるまでの物語が、とても素晴らしかったので紹介します。

トコノクボ
トコノクボ本舗

父親の暴力、祖母の介護、父親や自分の事故に借金、家族の生活費負担と、よくぞここまで頑張って来られたなーと感心しました。特に父親の暴力と凶暴性は、ちょっと顔をゆがめるほどにひどいもので・・・。その父親が、事故で介護が必要な状態となり、終わりの見えない介護生活が続くのかと絶望的な気持ちでいたところに、父親がガンとわかり、「終わりが見えた」と安堵する気持ちは、ものすごく共感しました。私も、それなりに親で苦労している身だけど、榎本よしたかさんに比べれば、すごく幸せな状況・環境にいたのだとも思いました。

また、がむしゃらに頑張っていれば、ちゃんとご褒美もあるんですよ。たまたま出掛けた海外旅行で奥さまに出会うなんて、まさに「神様は見てるね。」って感じですよ。>うらやましい(笑)

手相鑑定をしてる時でも、結婚したいという人には口酸っぱく「行動するように!」「今まで結婚できていないのだから、今までとは違う行動していかないと!」「神様は、わざわざ玄関先まで、相手をつれてきてはくれないよ!」と言いまくって、なんでも良いから今までと違う行動をすることを促しているのですが、まさに榎本さんの行動は、「今までやったことないことを直感にしたがってやってみた」結果の賜物で・・・。その行動力・諦めない心の強さは尊敬に値します。

榎本さんを見習って、「がむしゃらに働くぜ!」と心新たに思ったので、まずはブログ更新ですよ。こうしてブログ更新することで、どこかの誰かに「手相観ぱなせ」という存在を知ってもらう可能性が広がりますからね。

「地道な努力」や「マメさ」は確実に実を結ぶので、「肩こった、腰いたい、うーーだるい、ねむい」等々、ぐだぐだ言わずに手を脳を動かします。手相鑑定書をお待ち頂いてることだしね。さぁがんばろー。(`´)シャキッ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-日記・雑記

スポンサーリンク

Copyright© 手相観ぱなせ ♥ 2012-2017 All Rights Reserved.