太陽の光は生命の元だけど、夏バテ注意!(・∀・)

投稿日:

「太陽が似合わない」と言われるパナセです。こんばんは。(笑)まぁ実際に似合いませんけどね!(* ̄^ ̄*)ふんっ

今日は、暑かったですねーーー!澄み渡る青空に白い雲を見てるだけで、夏を感じました。が!サンサンと降り注ぐ光の中を出かけていくには勇気がいりました。ちょっと出かけるだけで汗が吹き出るからねー。毎日、太陽の下で働いてる方々!いつも、ありがとうございます!

20150714_1-min

スポンサーリンク

スポンサーリンク

太陽は偉大だ!

洗濯物があっという間に乾くし、カラッとした空気はとても気持ち良いものですが、直射日光を浴びるとドロドロに溶けそうになりますよね。太陽が、「我の実力を思い知れー!」とでも言ってるようです。「ははぁ~太陽さまぁ~<(_ _)>」と土下座で拝み倒したくなります。(笑)

岡山は「晴れの国おかやま」というキャッチコピーがあり、晴れの日が多く天災の少ないところです。なので曇や雨の日が続くと、太陽が恋しくなり、太陽が出てくれば安心します。日本人は太陽のことを「お天道さま」と言って崇めています。太陽信仰を生まれもって持っている人種だと思います。

(あっそういえば、一昨日の夜中、こっちも揺れました。大分の方、大丈夫でした?火山活動が活発になってるので、普段から注視して、いざという時のために備えはしておきましょうねー。)

生命の元である太陽ですが、さすがに夏の暑さには嫌気が差します。そんなことを思っててフト思い出したのが、アニメ蟲師の「日蝕む翳」です。

20150714_3-min

この「蟲師(むしし)」が面白いんですよ。大正から昭和の初期の頃のような雰囲気と日本昔ばなしのような雰囲気と蟲(むし)と言われる存在が上手くあいまって、なんとも言えない独特の世界観を持つ物語です。「日蝕む翳」の内容はアマゾンを参考にしてもらうこととして、この話を見ると太陽の有り難さを実感できます。

太陽は有難い存在ですが、その光は毒にもなります。身体から水分を奪うし、紫外線は皮膚に悪影響を与えます。夏が苦手なパナセさんは、夏バテしないように出来るだけ日中は屋内に籠もり、直射日光に当たらないように当たらないように心がけて身を守ってます。

でもまぁたまには太陽を浴びないと、それはそれでダメなんですけどね。なんでも加減が大事です。皆さんも太陽の恩恵に感謝しつつも、我が身はしっかり守って下さいねー!文明の利器を活用して、夏を楽しみましょうー!ヾ(@°▽°@)ノ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-日記・雑記

Copyright© 手相観ぱなせ ♥ 2012-2017 All Rights Reserved.