20年後を想像しつつ、今を生きる。

投稿日:2015/09/6  更新日:

興味深いニュースを見ました。⇒この15年で「増えた仕事」「減った仕事」は何か

詳しい内容は記事を読んでもらうとして、この15年で1番増えた仕事は「介護」だそうです。うんうん。これは納得ですね。

反対に1番減った仕事は「会計事務」だそうです。まぁこれも想像した通りでしたね。この15年で、こうした仕事はコンビュータに取って代わったので、「会計事務」や「事務」の仕事は、今後ますます減ってきますね。

↓15年前は、パソコンの無い会社もあった。
20150906-min

20年後を想像しつつ、今を生きる。

私がインターネットを使い出したのは、15年前です。15年前は、まだまだ中小企業にまでネットは浸透しておらず、ホームページを作ってるほうが珍しかったです。

あれから15年で、どんな小さな会社でもパソコンがあり、ネット環境が整う時代となりました。その上、主婦も子どももスマホを持つようにもなりました。

スマホ=手の平に世界があるのと同じです。世界に繋がるツールを、誰もが簡単に持つ時代になってるってことです。ものすごいことだと思います。

この先、今人間がやってる仕事の多くはコンビュータがやるようになります。20年も経つと「昔は、事務員さんがいたんだよ~。」とか「昔は、車は人間が運転してたんだよ~。」とか言ってるかもしれません。

今、何の仕事をしてますか?それで、20年後も食べて行けますか?良くも悪くも、日本は長寿国家です。良くも悪くも長生きします。平均寿命80年として、残り数十年をどうやって食べていくか?をよくよく想像して、20年後の自分のために今から出来ることをするべきだと思います。

20年もあれば、20年後の自分のために時間を使ってきた人と、何も考えずに過ごした人では、大きな大きな差ができるのは考えなくても分かりますよね。呑気にしてる場合じゃありません。かといって、すぐに転職云々を考える必要もないですよ。(笑)

なんでも想像・想定が大事ってことです。震災の後、防災への備えが事あるごとに言われているように、自分の食い扶持(経済力)の備えもしっかりして行こうって話です。仕事力(経済力)は、自分の力・スキル・技術をつけることが備えになります。

20年後を想像しつつ、今、自分ができることをコツコツを積み重ねていきましょう!最後に頼りになるのは、自分の経験とスキル・技術ですよ!

世の中には、どんな仕事があるのか?を知ることも大事

鑑定で、↓の本とかを勧めることもあります。世の中にどんな仕事や資格があるのか?を知ることで、自分の可能性を広げられるかもしれません。

何の仕事が向いているのか?と考えているなら、↓のような本を見てみるのも良いと思うよ!私も、買ってみようと思ってます。

記事で紹介されていた本は↓コレ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-日記・雑記

スポンサーリンク

Copyright© 手相観ぱなせ ♥ 2012-2017 All Rights Reserved.