”現状維持”という単語は、私の辞書にはありません。

投稿日:2016/02/23  更新日:

1年以上ぶりに友人から電話がきました。友人は結婚し子どもがいるので主婦業メインの生活スタイルです。私は、仕事メインの生活スタイルなので、滅多に会うこともありません。

そのうち子育ても一段落すれば、また会う機会も増えるだろうと無理に会うこともしないまま10数年。そんな友人から電話があり、あれこれ1時間ほど話ししました。

20160223_1-min

現状維持なんて幻想よ。

友「もう50歳になるよー!50歳だよーーー!!」
パ「だねー。50歳までの2年間頑張らないとねー。」

18歳の頃からの友人で、10代後半から友人が結婚するまでの10年ほど、いつも一緒に遊んで遊んで遊びまくった相棒で、自分達が50代になることを想像さへしてなかったので、感慨深いものがあります。(笑)

あれやこれや話しして、話しの終盤に出てきた単語に、ちょっと過激に反応しました。>相手は笑って聞いてましたがね。

友「現状維持でいいよね。」
パ「いやいや、現状維持なんてありえないでしょ。」

友「あはははは。ありえない?ありえないかな?」
パ「現状維持を思ってるのはアナタの心だけで、自分も親も歳を取り、子どもは大きくなり、社会は常に変化してるのよ。現状維持なんて、ありえないでしょ。はっきり言えば、現状維持は衰退でしかないよ。現状維持をしたいなら、昨日より今日、今日より明日の意識を持って、何か足していかないと。」

と、マジ説法ですよ。(笑)

なんかね。悪口ではなく「主婦の感覚だな。」と思ったわけですよ。子どもが無事に育つこと。自分や旦那様が健康でいること。変わらないように見える現実の生活を、大きな問題もなくつつがなく過ごすこと。それが、友人の望む現状維持なんだろうなと思ったわけです。

私なんて、20代の頃からダブルワーク・トリプルワークをして、「今日働かなかったら1万円収入が少なくなるから絶対休まない。」という生活を30年近くやってるので、”現状維持”なんて単語そのものがパナセ辞書には無いです。

現状を冷静に見て、今のままで良いなんて、これっぽちも思えない。社会の変化は目まぐるしく、若い人達がどんどんビジネスの世界に入ってきてる現状で、50も近い女がこの先も食べていくには相当の努力をしていかないと、あっという間に社会の底辺に落ちるという危機感があります。

違う友人が風俗の会社を経営してるんですが。その友人から色んな人が働いていることを聞きます。21~35歳ぐらいまで、水商売でホステスもやっていたので、風俗の人に偏見もないですが、彼女達の辞書にも”現状維持”なんて言葉は存在してないと思うんですよね。

ほとんどの経営者(社長)には、”現状維持”なんて単語は無いと思います。ビジネスを存続するため、従業員に給料を払うために、あれこれと情報収集をし勉強し、チャレンジをしていってます。

「現状維持でいいよね。」って言えるのは、旦那様の給料で安定した生活をしているからこそです。その状況にいられることを感謝すべきだと思います。とは言え、「現状維持」するには、主婦は主婦でそれなりの工夫や努力をしているからこそとも思います。

まぁ言えるのは、どんな人生でも自分の人生は自分で決めるものだし作るものってことですね。他人の人生と比較する必要もなく、自分が幸せと思える生き方をすれば良しだと思います。

私は私の生き方で、「貧乏な老人にならない」ために、今日を明日を積み重ねていこうと思ってます。

\ スポンサーリンク /
\ スポンサーリンク /

ぱなぶろ復活!

こっち(手相観)のブログを毎日書くために、長く放置状態だった「ぱなぶろ」を、思い立って11/2より復活してます。良ければ、そっちも読んで下さーい。

-日記・雑記

\ スポンサーリンク /

Copyright© 手相観ぱなせ ♥ 2012-2017 All Rights Reserved.