誰も褒めてくれなくても、自分が自分を褒めるのだ。

投稿日:2016/04/1 更新日:

「何がなんでも3月中にサイトを完成させるのだー!」と息巻いてた案件。ラスト3日間に追い込みをかけまくって、なんとか3月中に完成し、今日、無事に新サイトに切り替え完了しました!\(^o^)/

いやーーーがんばった。ひさびさにがんばった。寝るのも惜しみ、ひたすら作業作業作業の数日間で、気づけば、4月になってました。やれば出来る子YDKだね。(・∀・)

毎日の目標達成の積み重ねで、自分を信じる心が強くなる。

先日、渡辺謙さんがテレビインタビューに応えて、↓のようなことを言ってました。

「目標は、自分で決めるものじゃない。ゼロからはじめないと。結局、求められるもので決められていく。

目標は持ちません。目標を持ってしまうと、どうしても逆算してしまい、その目標にいく道のりしか経験できないのは、つまんないことだと思う。」

ご自身で決めた「目標」は無いにしても、実際は、セリフを覚えるのも、いつまでに覚えるという目標があるわけで・・・。その目標は、舞台のリハーサルスケジュールに合わせて逆算されてるわけで・・・。

言葉通りに、自分で決めることはなくとも、求められるもので勝手に決められていくので、自分自身としては「目標を持たない」としているのだろうと推測しました。

ケンさんぐらいの立場だから、「目標は持ちません。”無”です。」といっても通用するし、それがカッコイイのだけど、一般的には「目標」はあったほうがいいと思うな。

「目標」を立てることにより、目標を達成するために逆算して、今何をするかが決めることが出来るわけで。「目標にいく道のりしか経験できないのは、つまんないこと」では無いと思います。

「目標」を立てたことにより、経験できることがあるわけで。「目標」を立てずとも、時間は流れるからね。それでも充分に幸せを感じているなら、人生に「目標」は必要ないかもしれないけどさ。

でも、よく考えれば、毎日、何かしらの目標を持って行動してるんだよね。「○時までに会社に行く」も1日単位の目標になるし、「○日までに、○○の仕事を完了する」も立派な目標だよね。

1日単位か月単位か年単位か?はたまた人生の最後に向けての目標か?で、壮大さが違ってくるんだけど、誰もが毎日小さな目標を立てて、それをこなしてきてると思うんですよ。

目標=自分との約束でもあるわけだけど、この自分との約束を守ることで、自信は積み重なっていくと思うんだよね。「自信=自分を信じる」だからね。

「自分に自信がない」って人がいるけど、そうした人は、1日単位の目標を、ちゃんと意識すればいいよ。気付いてない人が多いけど、毎日、無意識の目標を達成してると思うんですよ。

ちゃんと意識すれば、たくさんの「できてること」に気づくはずです。そこを意識すれば、毎日の目標達成(自分との約束を守ってること)が、自分を信じる強さになってくれると思うな。

「今日も出来た」「あれも出来た」「これも出来た」「自分との約束を守った。アタシ偉い。」って、毎日、自分を褒めちゃいましょう。誰も褒めてくれなくても、自分が自分を褒める。これが大事ね。

ってことで。私も、期限内にサイト完成させた自分を大いに褒めているとこです。アタシって、偉いわ~。(・∀・)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-日記・雑記

スポンサーリンク

Copyright© 手相観ぱなせ ♥ 2012-2017 All Rights Reserved.