40歳も過ぎてからの転職は、本当に慎重に慎重に、よくよく考えてからにしましょう。

投稿日:2016/04/13  更新日:

ベストセラーを連発する伝説の編集者。幻冬舎の見城徹(けんじょう・とおる)さんのインタビュー記事を見ました。

途中から会員登録しないと読めませんが、登録せずとも読める部分だけでも勉強になります。⇒出版界の革命児に新時代の編集者が迫る(第1回)夢なんか豚に食われろ。圧倒的努力をせよ

現実と真摯に向き合え!

その一部を紹介。

見城:「どうしたらキラーカードを持てますか」という質問はよく来ました。仕事などの勝負において、自分の武器となるカードのことですが、それは人に聞いて手に入るものではない。キラーカードは自分がつくりあげるものだから。

見城さんの言われる【キラーカード】は、私が言う【得意なこと】と同じような意味ですね。

それは僕がキラーカードを切り、成功させたということになるわけですが、実際は誰も見てないところで、もがき苦しみながら圧倒的努力をしているんです。

<中略>

しかし、ちょっとでも現実と真摯に格闘していたら、キラーカードは自分でつくり出すしかないとわかっているから、そんなバカな質問はしてこない。  

成功者と言われる人達は、圧倒的な努力をした結果の今の立場になってます。想像力のない人間は、そうした人達に対しても、平気でおバカな質問をするもので。

独立起業する人は、他人に聞く前に動いてる。

鑑定でも、「独立できますか?」とか「独立に向いてますか?」とか聞いてくる人がいます。

その人が、バリバリの営業マンとか、現在の会社で重要なポストを担ってるとか、独自で勉強を続けていて「得意なこと」と言い切れる何かを持っているとか、昔からの夢で、やりたい事業内容が決まっている人ならば、手相の具合を見て、独立の向き不向きや独立のタイミング、独立の仕方等の相談にも応じますが、だいたいこういう質問をしてくる人って、ずっとサラリーマンしかしてなくて、サラリーマンの仕事以外の努力もしてない人なんですよね。

こうしたサラリーマン脳の人が、「独立できますか?」とか「向いてますか?」とか聞いてくれば、「いや、しないほうがいいですよ。」ってキッパリ答えます。見城さんの言われている通り、現実と真摯に向き合っていれば、こんなバカな質問はしてこないんですよ。こんな質問をしてくること自体が、想像力が欠如した「世間知らず」の「自分に甘々人間」であることを公表してるようなもんです。

こうした人は、「私は、これだけ仕事してるのに、会社が認めてくれない」とか言うんですが、会社が認めてくれないのは、単純にあなたにその実力が無いからで、会社側もあなたを重要な人間と思ってないから評価してないだけなんですよね。自己評価を高く持つのは悪いことでは無いけど、現実をよく見ろよって話しなんですよ。

「やりたいことも別にないけど、今の会社がイヤだから転職先の1つとして独立起業もいいかな~。」なんて甘い考えでやっていけるわけないです。そもそも、実力があれば、どっからともなく独立起業のチャンスやオファーが入ってくるしね。

先日来られた20代の女性は、離婚するために仕事をしなきゃいけないから、自分の得意なことを活かして、即独立起業してましたよ。「独立できますか?」とか「向いてますか?」と聞く前に、とっとと独立起業してるんですよね。私だって、自営業13年やってますけど、他人に相談する前に営業かけて仕事とって活動を開始してましたよ。

「手相で独立に向いてるか見てもらってから・・・」とか考えるような人間は、独立に向いてません。どれだけイヤな会社でも、仕事があることに感謝して、勤められるだけ勤めるようにガンバりましょう。

会社という狭い社会の中だけで、自分の実力を判断するな!

40歳も過ぎてからの転職は、本当に慎重に慎重に、よくよく考えてからにしましょう。転職するにも、次の会社を決めてから辞めるべきだし、独立したいなら、サラリーマンしながらでも出来ることはたくさんあるので、ちゃんと準備してから辞めるべきです。

幾人もの人から、一時の感情だけで長年勤めた会社を辞め、その後、後悔したという話しを聞きました。意気込んで「もう辞めてやる!」と辞めて独立してみたはいいが、まったく仕事が取れないとか転職するも給料は下がり・・・とかね。

長年同じ会社に勤めていれば、仕事にも慣れ、飽きもでてきます。だけど、仕事があることに感謝していれば、無理な転職や独立なんて考えないと思うんですよね。

それなりの役職につけば、自分自身も仕事ができる偉い人と勘違いすることもあります。その会社の「部長」だから世間の評価があったのに、その肩書がなくなれば、ただの人でしかないという現実に気づかず、「自分は仕事ができるのに」「自分が、これだけ仕事をしてるのに」と自意識の鼻ばかり伸ばしまくって、肩書を無くした途端に伸びきった鼻がポキっと折れるってのは、よくある話しです。

面接で、「何が出来ますから?(得意ですか?)」の質問に、「部長ができます!」と答えた人がいる。という笑えない笑い話もあるぐらいで。

現実と真摯に向き合い、今の自分の実力を理解し、「キラーカード」や「得意なこと」を自分自身で作り上げ、後悔のない人生にしていきましょう!

\ スポンサーリンク /
\ スポンサーリンク /

ぱなぶろ復活!

こっち(手相観)のブログを毎日書くために、長く放置状態だった「ぱなぶろ」を、思い立って11/2より復活してます。良ければ、そっちも読んで下さーい。

-日記・雑記

\ スポンサーリンク /

Copyright© 手相観ぱなせ ♥ 2012-2017 All Rights Reserved.