心よりお見舞い申し上げます。

投稿日:2016/04/15 更新日:

被害に合われた多くの方に、心よりお見舞い申し上げます。また、お亡くなりになった方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

400年もの長い間、崩れなかった石垣が今回の地震で無残に崩れている姿を見て、400年に1度の大規模な震災だったんだなと想像しました。元の美しいお城に戻りますように。
20160415_1-min

昨夜、ドラマを見てる時に緊急速報がでて、【震度7】の数字に驚きの声がでました。すぐさま考えたのが、「津波は?」ということ。

すぐに、津波の心配は無いとのテロップが流れたので安心しましたが、そのまま全チャンネルが報道番組に切り替わったので、5年前のことを思い出し、不安な気持ちを抱えながら、朝までテレビを見ていました。

暗いうちは、被害の状況が詳しく見えなくて、はらはらしていましたが、あれだけ倒壊した現場が多い中、亡くなった方が一桁だったのに驚きと共に安堵しました。5年前の経験が活かされていることを実感しました。

朝方、8ヶ月の赤ちゃんがほぼ無傷で助けだされるのを見て、神様の存在を感じました。娘さんが助けだされた現場でも、お父さんが「神様が守って下さった。」と言われていました。日本人の心にある神様への思いは、こうした時に強くでますね。

テレビを通して、安心安全な場所から見ることしか出来ない私は、眠れない夜を過ごしている方々を思って、一緒に起きていることしかできませんでしたが、多くの方が同じ思いでテレビの前で祈っていたと思います。

「天災は忘れたころにやってくる」から常に忘れずにいなければ。

テレビインタビューに応えていた頭をケガしてたおじさん。「ずっと人事のように思ってました。いやホント人事じゃないですよ。よく分かりました・・・」と泣きそうになりながら応えてました。

「天災は、忘れたころにやってくる」と言います。ということは、「天災は、忘れなければ来ない」とも言えるかもしれません。

東日本大震災の後、出来ることは色々やってます。非常用バックも購入したし、簡易トイレ用の大きな黒いゴミ袋や日持ちする食料も常備するようにしてます。

身を守るために、「ベットの周りに倒れこんでくる家具を置かない」ことと「背の高い家具に突っ張り棒」をしています。↓こんな感じね。
20160415_2-min

どれくらいの効果があるか分からないけど、やらないよりやってるほうが絶対いいからね。↓1500円ぐらいで安心を買う。

岡山は、自然災害の少ない地区なので、いざって時に慌てるのは目に見えてます。だから、こうしたことがある度に、頭の中でシュミレーションし、準備できるものは準備するようにしています。

まだまだ余震も続くようなので、皆さん、お気をつけ下さいね。なんせ家に帰れない状況は、考えるだけでも辛く大変だと思います。早く安心して眠れる場所が提供されますように。

クラウドファンディングを使った500円から出来る【熊本地震】緊急支援募金もはじまってます。ぶっちゃけ。祈りでお腹は膨れないからね。現金支援が1番!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-日記・雑記

スポンサーリンク

Copyright© 手相観ぱなせ ♥ 2012-2017 All Rights Reserved.