「岡山現象」なんだそれ?

投稿日:2016/07/1 更新日:

7月スタートの日!今日は、ひさびさの青空で予約も入ってなかったので、掃除三昧な1日でした。掃き掃除に拭き掃除に洗濯も3回。汗だくだくになりました。いやぁ~がんばった!(・∀・)

一息ついてNHKを観てたら、フェイス「岡山現象」ってのをやってました。

これ全国放送じゃなくて、こっちでだけやってたようなんだけど、「岡山現象?なんだそれ?」ですよ。はじめて知りました。

簡単に言えば、東日本大震災後に岡山県に移住避難した人が西日本で最も多いとのことで、東京から岡山の和気町ってとこに移住してきた人を中心にした内容でした。

確かに、岡山は災害が少ないし、放射能の影響もほぼ無くて、山陰・四国・九州へも行きやすく、住みやすいとこ。城もあるよ!(笑)
20160701_1-min

ちょっと調べてみたら、昨年のニュースに出てました。⇒震災4年 避難者多い「岡山現象」 日本大・後藤教授が報告書

で、これを観ながら思ったのが、「なぜ、和気町?」でした。和気町って、田舎です。田舎暮らしをしたい人が来るなら良いけど、「放射能の影響が無い安全な場所」を目的にするなら、和気町を選ぶ必要は無いと思いました。

和気町って、消滅するかもしれないとこで、それもあって移住者を増やそうと努力してるのは分かる。分かるが、実際に移住してきた後、また違う場所に移った人も多くいるそうで、「理想と現実」の問題は大きいんですよね。

鑑定でも、福島から放射能をさけて、あっちこっちに動いた結果、岡山の総社市ってとこにたどり着いたって方が来られました。総社市でも、震災後に移住してきた人達がコミュニティを作ってて、パン屋さんを開業した人もいるのを、どっかで見ました。

「農業がしたい」とか「まちおこしの仕事がしたい」とか「ネットで仕事できるので住む場所に拘らない」とかの人なら和気町でも総社市でも良いと思うんだけど、普通に会社員として仕事したいなら岡山市内の方が良いと思いますよ。

まぁどこに住んでも、心持ち次第で「住めば都」となるよ。日本語が通じるしね!>当たり前だ。(・∀・)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-日記・雑記

スポンサーリンク

Copyright© 手相観ぱなせ ♥ 2012-2017 All Rights Reserved.