彼を知り己を知れば百戦殆うからず

投稿日:2016/07/29 更新日:

鑑定に来られる人に、資格取得や将来お金になりそうな習い事を勧めることが多々あります。私自身も、32歳の時にIT系の会社に入り、ホームページが作れるように就業後に独学で勉強して、これが後に役立って自営業で10年食べてきました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

10年経てばネット世界も変化し、年齢のこともあって、次なる道を探して44歳で手相を勉強し、このブログを作り、少しずつ手相でも稼げるようになってきて、現在は、IT系の仕事+手相鑑定+ブログの広告収入と3本柱で収入を得てます。

いずれIT系の仕事は無くなっていく予定なので、もう1本何か柱を作りたいと思い、ちょっと前から情報収集に勤しんでまして、頭ン中は情報でいっぱいいっぱいです。

↓イメージ的には、こんな感じ。(笑)歩きながらも考えてる。
297860s-min

何をするにも、まずは敵を知ること!敵を知ってこそ、次なる手が浮かぶってやつで。

「敵を知る!」と書いて、ん?これはどこからの言葉だったっけ?と調べてみれば、「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」が本来のことわざでした。

「敵(彼)を知る」に加え、「自分(己)を知る」ことも大事だってことね。確かに、敵のことのみならず、自分の実力や環境その他を知ってないと戦いには勝てないわな。

彼を知り己を知れば百戦殆うからず
【読み】 かれをしりおのれをしればひゃくせんあやうからず
【意味】 彼を知り己を知れば百戦殆うからずとは、敵についても味方についても情勢をしっかり把握していれば、幾度戦っても敗れることはないということ。
故事ことわざ辞典

もう1本の柱は、これから5~10年かけて確立していこうと思ってるのだけど、何をやるにしても、その過程もお金に変えないと気が済まないタチでして・・・また新しいサイトを立ち上げようと思考中。

多くの日本人は、「まず勉強してから」とか「恥ずかしくない程度に出来るようになってから」とか思う人が多いですが、勉強してる過程を見えるように(ブログに書いたりってことね)すれば、それはそれで収益が上げられたりするんですよ。

それがネットのスゴイとこでもあるし、やり方によっては一石二鳥どころか一石三鳥にも四鳥にも出来たりするんですね。ホームページを作れる私は、思いついたことをすぐに形に出来るので、ちょう便利~。(笑)

ってことで、頭使って手を使って時間を使って、敵を知り己を知り、また1つ、出来ることを増やしていきたいと思います!誰も私の人生に責任を持ってくれないからね。ガンバロー!(๑•̀ㅂ•́)و✧

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-日記・雑記

Copyright© 手相観ぱなせ ♥ 2012-2017 All Rights Reserved.