お金を稼ぐということは、自由を手に入れること

投稿日:2016/09/12 更新日:

西原さんをネタにブログを書くのは何本目か?ってぐらい多いですが、本日も、西原さんの毎日かあさんをおかずにブログを書かせて頂きます。(笑)

貧乏から抜け出すために、必死に生きてきた西原さんだからこそ、お金に関する内容は本当に素晴らしいです。

201360912_1-min

「嬉しくて無職の彼氏と別れられた」ってとこは、クスっとくるけど、

100万貯まった時

これでやっと風邪がひける

そう、安心したのを覚えてる

のとこが泣けてくるー。(T_T)

昼夜と必死で働いて、風邪を引くことさへも出来なかった頃を思い出してセンチメンタルな気分になるよー。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

お金を稼ぐことは、経験を稼ぐことでもある。

私は、20歳で就職して、21歳から水商売のバイトもはじめたのですが、最初は興味本位+収入を増やすことを目的としてダブルワークをはじめました。

その時の正社員の給料が、手取りで11万円ぐらい。水商売のバイトが、1時間1,200円✕4時間=4,800円✕20日間=96,000円。昼夜合わせて、20万円ぐらいの稼ぎになってました。

20万円あると、相当、自由にお金を使えます。ほとんどはファッション代と遊びに費やし、西原先生のように貯金を全然しなかったのですが、時間の使い方次第でお金は稼げると知りました。

日中8時間、会社に拘束されて月に11万円ほど。夜、1日4時間働くだけで月に10万円弱。効率だけで考えると正社員でいる意味が分かりませんでした。

若かったので、社会保険とか年金とか安定した収入とか、正社員のメリットをメリットと感じることができず、時代も良かったので、正社員からは1年半後にドロップアウト。

それからは昼は派遣社員やパート・アルバイト。夜は水商売。土日も派遣の仕事と、時間をめーいっぱい活用して、毎月最低30万円を目標に稼いできました。

お金が全てで無いけれど、お金があれば出来ることが増えます。生きていくだけでも生存コスト(お金)がかかるし、何をやるにしてもお金はいるし。

西原さんの漫画の通り、「お金を稼ぐことは、自由を手に入れること」だし「お金を稼ぐことは、経験を稼ぐこと」にもなると思ってます。

経験は経験値となり、経験値はオリジナルな経験知となり、将来の自分を助けてくれる武器となります。

経験知
読み方:けいけんち
別表記:暗黙知

経験したことで得た知識。特に作業現場で培われた、勘や感覚などとして体得された知識。
日本語表現辞典より

だから、「やりたいことが見つからないなら、まずは稼げ!」なんですよね。自由になりたいなら、なおさら、稼げ稼げ!ですよ。

しっかり稼げば、見えてくる景色も違ってくるよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-日記・雑記

Copyright© 手相観ぱなせ ♥ 2012-2017 All Rights Reserved.