兎にも角にもガンバロー!

投稿日:2016/09/13 更新日:

今日は、午後から鑑定。手相に興味があって、私以外にも数人の方に手相を観てもらったけど、「どの人も満足する鑑定ではなかった。」と言われていました。

鑑定の前に聞かされたので、ちょっと身構えてしまいました。誰に観てもらおうが、何を思おうがお客さんの自由ですけどね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

夕方、家に戻る途中、父親のことで病院から電話が入り。気分がすっかり落ちてます。落ちてるのは、父親の病状が悪くて落ち込んでいるのではなくて、親の面倒をどこまで見ればいいんだ!という憤りというか諦めというか・・・面倒くさいが先立って落ちてます。

どんな人でも死は避けられません。早いか遅いかだけの違いです。闘病中の方には失礼かもしれませんが、ある意味、ガンで死ねるのは幸せだとも思ってます。自分なりの終活が出来るからね。

矢野顕子さんのお母さん。末期の胃がんと診断されましたが、手術などの外科的医療を一切拒否し、「これは私の寿命だ」と言って、全部自分で準備して69歳で亡くなったとNHKのファミリーヒストリーで観ました。

お葬式の挨拶状?も、ご自分で文章を考え準備されていました。

20160913_1-min

この度 寿命によりお別れする事となりました。幸い家族・友人・趣味に恵まれ楽しく過ごさせていただき感謝申し上げます。

この先は宇宙の塵となり、自然の大環境の中に組み込まれ、やがて他の生命誕生に参加する事でしょう。

雪ひとひら川面に映る灯をとりに

御献花ありがとうございました。

平成十三年二月十二日 鈴木 淳

生き様は死に様に通じますよね。矢野顕子さんのお母さんの死に様が素晴らしくて、さぞかし生き様も素晴らしかったんだろうと想像しました。

私も、こんな死に様ができるよう、明日に後悔を残さない生き方が出来るよう、今日を今を一生懸命生きようと思います。

兎にも角にも、日々、目の前のことを淡々をやっていくだけだ。ガンバロー!\(^o^)/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-日記・雑記

スポンサーリンク

Copyright© 手相観ぱなせ ♥ 2012-2017 All Rights Reserved.