大寒の卵

投稿日:2017/01/20 更新日:

今日は、1年で1番寒い「大寒」の日だそうで、岡山でも午後から風が強く吹き、アラレのような雨が降ってました。さっきは、空が唸ってたりもしました。

大寒の日に産まれた卵のことを「大寒の卵」と言うそうで。昔から「大寒の卵」を食べると「金運や健康運に良い!」と言われてるとのことで、養鶏場に卵を買いに来てる人をニュースで見ました。

そんなのを聞くと、ぜひ食べたい!と思うのが、縁起担ぎの好きな日本人のDNA!合わせて、美味しい卵と聞けば、「卵ご飯で食べたい!」と思うのも日本人のDNA!(笑)

で、「大寒の卵」でネット検索してみれば、やっぱり売ってましたが、予約制ですでに完売・終了となってました。>当たり前だ。

しっかし。私がインターネットをはじめた頃なんて、卵(生鮮食品)がネットで売買されるなんて、田舎の中小企業の社長さん達に言ったとこで、誰も信じませんでしたよ。ほんと、便利な世の中になったもんだ。

「大寒の卵」は、年に1日だけのことなので、今日「食べたい」と思っても、すでに遅く・・・。来年になったらなったで、また「大寒の日」に思い出すんですよ。で、一生食べられない。(-_-)

まま。人生とは、そーゆーもんですよね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-日記・雑記

スポンサーリンク

Copyright© 手相観ぱなせ ♥ 2012-2017 All Rights Reserved.