謙遜もしすぎると美徳にならず

投稿日:2017/04/1 更新日:

今日は、エイプリルフール!今年も各社凝ったエイプリルフールネタが満載のようです。⇒エイプリルフールに便乗しているサイトまとめ2017年版

私の中でヒット作はコレ↓。ドモホルンニャンクルって、上手すぎでしょ。(笑)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今日は、隣の県から車でお越し頂きました。次の予定が無かったので、またまた喋りすぎてしまいましたです。Tさん、長い時間ひっぱってスミマセン。(-_-)

お土産まで頂きました。お餅入りのパイだそうで、開けてビックリ!イメージと違って、手のひらに収まるサイズのお菓子でした。

見るからに美味しそうですね~。食べても美味しかったです。1個食べて我慢するはずが、もう1個と食べてしまい、確実にカロリーオーバーなり~。

Tさん、ありがとうございます!

謙遜もしすぎると美徳にならず

日本人の美徳として、「つまらなものですが・・・」と謙遜しながら手土産を渡すってのがあります。

私なんかは、「つまらないもの・・・」と言われたら、「つまらないもん持ってくるな!」って思う天邪鬼な人間で(笑)、こうした日本人独自のへりくだった言い回しって、昔から「ヘンなの」って思ってたし、今の時代には合ってないと思うんですよ。

今日も、お土産を渡される時に、まず「お餅好きですか?」って聞かれました。「好きですよ。」と応えると、「これ、お餅が入ってるパイなんです。もし良かったらぁ~」と謙遜しながらというか、へりくだってというか、遠慮気味にお土産を出されてきました。

謙遜されて言われているのは分かるんだけど、そんな遠回しな言い方をせずとも、素直に、「これ、私の大好きなお菓子で、お餅入りのパイなんです。ぜひ、パナセさんに食べてほしくって持ってきました!」と言えば、「お餅大好きです!ありがとうございます!」と、お互いにテンションあげあげで受け取れます。

「お餅好きですか?」なんて愚問なんですよ。「嫌いです。」とか「苦手です。」って言ったらどうしたんですか?って話で、お土産を持ってきたのは、自分からの厚意なんだから、相手の反応なんて期待せずに、素直に渡したほうが、お互いに気持ち良いですよ。

若い人は、「これ、私の大好きなチョコレートなんです。」と素直な言い回しで渡してくれますが、40代以上の人は、なんかムダにへりくだった言い回しをする人が多いです。

こうした言い回しをする人って、基本的に良い人が多いです。相手を気遣って、こうした言い回しをしてくれてるのも分かります。分かりますが、そんな言い回しはお互いにムダな気遣いをするだけだと思います。

だいたい、お土産につまらないものを持っていかないでしょ。ちゃんと相手のことを考えて持っていってるんだから、そのまま素直に伝えたほうが、自分も相手も気持ち良いですよ。

ってな話を、最後の最後にして、Tさん(o゚Д゚o)ぽかーん。でしたが、すぐに「あぁそうか!そうですね。」と納得してくれました。(笑)

言い回し一つで、人の印象って大きく変わります。どんな言葉を使って伝えるかでも印象が変わるし、言い方でも印象が変わるでしょ。言い方、言い回し、言葉の選択って大事なんです。

多くの人が、無意識に言葉を選択して会話してますが、会話はコミュニケーションの基本。ムダな謙遜に、ムダにへりくだった言い回しは、ムダな気を遣う・遣わすだけ。「謙遜もしすぎると美徳にならず」ですよん。(ΦωΦ)ฅ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-日記・雑記

Copyright© 手相観ぱなせ ♥ 2012-2017 All Rights Reserved.