猫飼の憂鬱

投稿日:2017/07/4 更新日:

今朝。どたんばたんと不穏な音で目覚めると、若猫モモが何かを追っかけてる。やや?ネズミか?と思ったら、羽が見えた。鳥だ!「わー生きてる!どいてどいて!」

追っかけるモモを抑えて、ティッシュで包むようにして救助。よく見ると小雀のようで、血も出てないようだし生きてる。すぐに外にでて、近くの木に解放。

「ビックリしたねー。」と老猫はなに話しかけ、またベットに戻って眠りに入った・・・・ら、また不穏な音。見れば、またもや若猫モモが何かを追っかけてる。

「またー!」で、救助⇒木の上に解放。若猫モモは、また外に。またまた老猫ははに話しかけながら、眠りに・・・眠りに・・・落ちそうな・・・とこで、またまたまた捕まえてきたー。

すぐに確保。よく見れば、1匹目2匹目よりも小さな小雀。「生きてるか?」と話しかけてみれば、頭が動いた。さて、どうしたものか?と考えること10分。

今日は雨が降りそうだし。どこに巣があるのか分からないし。んーーーどうしよう?どうしたら?と考えた末、ちょっと距離の離れた場所で、葉っぱで雨よけできような場所に解放。

3匹を捕まえたことで満足したのか?疲れたのか?で、戻ってきたモモさんは、二枚重ねの座布団の上で休憩モード。

どの雀も死なすことは無かったけど、たぶん弱ってる。とは言え、野生の鳥に対して出来ることはないので、「ごめんね」と謝りながら「がんばって生きるんだぞ」と声をかけました。

猫に叱ったとこで効果はなく。鳥たちのネットワークで、猫に襲われないような場所に巣作りをしてくれると嬉しいなーと。鳥たちって、人間をよく見てるしね。

寝落ちしそうなタイミングで3回も起こされて、次が無いかと起きて待ってたら、朝10時ですよ。4度目は無く、若猫モモは知らん間に戻って、先にベットで寛いでました。人を散々振り回しておいて、オイオイでしょ。(笑)

完全家猫にしたいんですが、実家暮らしの時、好きに散歩に出てたので、外に出れないとストレスも鳴き声もひどくて。それは可哀想だし、でも外にでてるのは心配だし・・・猫飼の憂鬱です。

眠りの邪魔されまくりに蒸し暑さの寝苦しさもあって、なんか頭が痛いです。冷房と蒸し暑さとで、なんか調子崩しますよねー。皆さんも体調管理に気をつけて下さいねー。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-日記・雑記

スポンサーリンク

Copyright© 手相観ぱなせ ♥ 2012-2017 All Rights Reserved.