「石の上にも三年」ならぬ「ブログの上にも三年」だね。

投稿日:2017/09/12  更新日:

伊達公子さんが、引退しました。

1996年。グラフとの2日間に渡る試合を見た人間なので、25歳(世界4位)の時の引退宣言がショックだったので、2008年(37歳)での復活は、また以前のような試合が見れるのかと嬉しいものがありました。

復活後も、国内においては他を寄せ付けない強さで、翌年からは世界にも進出。勝利のニュースを見るたびに、「あのまま(25歳)現役を続けていてほしかったなー。」と思ってました。

その復活から9年を経て、今日の引退。本当に本当にお疲れ様でした。小さな身体で世界で戦う姿に、勇気を頂きました。ありがとうございました。

辛抱する木に金がなる

2014年9月11日から、「毎日更新する!」と決めて、今日で丸っと三年になりました!

三年の間で、更新しなかったのは2日か3日のみ。ほぼ毎日更新を続けることができましたーー!続けてきた自分を褒めてあげたい。\(^o^)/

↓100日連続更新で喜んでいたのに。まさか、3年も続くとは!?自分が1番ビックリですよ。

お百度参りならぬ100日連続更新達成!

願掛けに「お百度参り」ってのがありますね。 百度参り(ひゃくどまいり)は、日本の民間信仰で、神仏に祈願するために同一の社 ...

続きを見る

ほんと「石の上にも三年」ならぬ「ブログの上にも三年」ですよ。3年毎日更新を継続してきたことで、3年前に比べ、アクセス数は3倍。このブログから得られる広告収入は4倍になりました。

毎日更新を続けることは、健康な身体あってこそ。だと強く思います。また、「辛抱する木に金がなる」で、辛抱強くこつこつ努めれば、それなりにもなれるなーとも実感しました。

「辛抱する木に金がなる」
辛抱強くこつこつ努めれば、いつか成功して財産もできるというたとえ。「木」は「気」にかけて言ったもの。

何をはじめるのも、最初の1歩があり。1歩進めば、また1歩。たった1歩ずつの遅い歩みでも、時間が経過すれば、それなりの道になってるもんで。本当、「牛の歩みも千里」ですよ。

「牛の歩みも千里」
たとえ牛のように歩みが遅くても、こつこつ努力を続けていればやがては大きな成果を得られるものだ、というたとえ。

今日はじめて、明日どうにかなるようなものは、ほとんど無くて。先を考えれば長い道のりに思えても、どこかに辿り着きたいなら、今日の1歩を進めるしかないんですよね。

今夜も、また1歩。明日も、また1歩。人生も同じ。今日を生き、明日になれば、また今日を生き。同じような1日に思えても、二度と戻らない1日。

焦らず慌てず。自分なりの1歩を進めていきましょう。自分なりの1日を生きましょう。

どんな実がなる?どんな実を育てる?

\ スポンサーリンク /
\ スポンサーリンク /

ぱなぶろ復活!

こっち(手相観)のブログを毎日書くために、長く放置状態だった「ぱなぶろ」を、思い立って11/2より復活してます。良ければ、そっちも読んで下さーい。

-日記・雑記

\ スポンサーリンク /

Copyright© 手相観ぱなせ ♥ 2012-2017 All Rights Reserved.