「負けるが勝ち」だし「逃げるが勝ち」の場面は多々ある。

投稿日:2017/10/8  更新日:

今日も1日、青空広がる良い天気で、モンシロチョウも季節を間違えて飛んでましたよ。

今日は、午前中から岡山駅で鑑定を行い、すぐに移動して、午後から20代と30代の女子二人組。広島から車でぶーんとやってきてくれました。Mさん、Kさん、遠くからありがとうございます!

他人には好きに言わせておけばいい。

ちょっと前に来られた方からの相談で、ご近所トラブルの話しを聞いたんですよ。ご近所トラブルのせいで、安心して眠れないと。その時、言ったのは、「とっとと逃げろ」でした。

まず、1番安心する場所であるはずの家が安心できる場所でなく、安心(リラックス)して眠れてない状態は、身体が先か心が先か分からないけど、必ず病みます。

何を置いても、安心して眠れる環境を確保するのが最優先事項です。眠れてないと仕事はミスるし、運転だって危ないし、大事な判断も将来のことを考えることも出来ないどころか、大きな判断ミスから人生を暗転させかねません。

持ち家の場合は、自分たちが逃げるのは躊躇するだろうけど、賃貸なら出来るだけ速やかに逃げるべきです。話しの通じない相手、「普通」が違う相手と戦ってはダメです。

そんな人達と戦って勝ったとこで、逆ギレされるかもしれないし、知らぬところで恨まれるかもしれないし、ろくな事がないし、時間も労力もエネルギーも無駄です。ほんと1円にもならない。

相手には「勝った」と思わせておけばいいんです。「逃げた」と言わせておけばいいんです。「負けるが勝ち」だし「逃げるが勝ち」なんですよ。

ブラック企業でも同じですよ。ヘタな責任感は1円にもならないどころか、心身共に疲弊し、自分の命をも危険に晒します。自分の命を守ることが、何よりも大事なことなんです。

こういった場面は、長い人生において多々あります起こります。私なんて、面倒くさい相手と判断したら一瞬で逃げます。面倒くさい相手と関わるだけ負けだと思ってます。

面倒くさい相手に、なぜ自分の貴重な時間を提供しなきゃいけないのか。無責任と言われても、ナンノコッチャだし、だからどうした!ですよ。

ご近所トラブルとか職場のトラブルとか恋愛のトラブルとか。人間が複数人集まれば、何かしらの問題が出てきます。その問題を自分の中で大きく扱えば、相手と同じ土俵に立ってることになります。

面倒くさい相手と同じ土俵に立たないこと。人間関係なんて、サラっと流しておけばいいんですよ。家族だって仲良くする必要は無いし、自分の人生は、自分が1番大事にしないと。

戦う場所を間違えてはダメです。努力する方向を間違えるな!と同じです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-日記・雑記

スポンサーリンク

Copyright© 手相観ぱなせ ♥ 2012-2017 All Rights Reserved.