お腹の中にいるとき男性ホルモンの浴びた量で指の長さが変わる。

投稿日:2017/11/4  更新日:

和歌山県立医科大の研究チームが、今年9月にスイスの学術誌で発表した内容が興味深いです。⇒女性の月経前症状の重さ、「指の長さ」と相関関係?

 月経前症状は、腹痛や頭痛、イライラなど月経前の3~10日間続く様々な身体的・精神的症状のこと。成人女性の9割以上が経験しているといわれ、治療が必要なほど重い場合もある。症状の程度は人によって様々だが、なぜ症状の重さに個人差があるのかが分かっていなかった。

 研究チームは「出生前に浴びた性ホルモンが、症状の重さに影響しているのではないか」と仮説を立て、性ホルモン量の推定に使われる右手の薬指と人さし指の長さの比率(指比)に着目した。和歌山市内の女子大学生403人の指比を調べ、症状に関するアンケートを実施した。

 その結果、右手の薬指が人さし指に比べて長いほど、諸症状が重くなる傾向がみられたという。従来の研究で、「男性ホルモンを出生前に多く浴びると、人さし指に比べて薬指が長くなる」という傾向が分かっており、今回の研究で、「出生前に男性ホルモンを多く浴びると月経前症状が重くなる」という可能性が示されたことになる。

へぇ~へぇ~へぇ~でしょ。

「人差し指が短い=薬指が長い」人は、男性ホルモンを多く浴びた人なんだって。

「男性ホルモンを出生前に多く浴びると、人さし指に比べて薬指が長くなる」という傾向が分かっており、和歌山県立医科大の研究チームは「薬指が長い」ことに注目し、↓の池谷先生の本では「人差し指が短い」ことに注目した話が乗ってました。

【脳には妙なクセがある】人差し指が短い人は、株取引が得意!?

以前、「無くて七癖、思考にもクセがある!?」で、思考=考え方にもクセがあると思うんだーってことを書きました。その時、見つ ...

続きを見る

池谷先生の本には「人差し指が短い人」の方が、株取引で儲け上手で、収入が多いことが分かった的な話が乗ってます。

指の長さが、男性ホルモンに影響されているのも面白いけど、それを「薬指が長い」ことに注目するか、「人差し指が短い」ことに注目するかで、全然違った検証が行われているのが面白いですよね。

まとめると、「人差し指が短い」すなわち「薬指が長い」人=お腹の中にいるとき男性ホルモンを多く浴びた人は、月経前症状が重い人が多く、儲け上手で、ビジネス現場で長く生き残り、収入も多い人ってことになりますねー。>男性なら月経前症状は出ないからイイよね!

「人差し指が短い」「薬指が長い」=同じ状態を示しているのに、自分の手を見てたらどっちがどっちで分からなくなるわ。(-_-)

手相で、手の形とか指の長さで云々って話もあるんだけど、指の長さが男性ホルモンの影響で変わるなら、容姿にも性格にも影響があるってことで。実際、池谷先生の本には↓のことが分かってると掲載されてます。

お腹にいるときにテストステロン(男性ホルモン)に多くさらされると、自信に満ちたタイプになり、危険を好み、ねばり強く調査し、注意深くなり、反応や動作が早くなる傾向がある。

また、数字が得意なタイプが多く、サッカーやラグビー、バスケやスキーなどのスポーツ競技においても良い成績を残す人が多い。

すでに科学的に実証されているなら、妊娠中に男性ホルモンを多く出せるようにしたら、数字が得意でスポーツも得意な子ができるってことになるのかしら?

とは言え、どうやれば男性ホルモンを多く出せるのかが分からないけどね!

\ スポンサーリンク /
\ スポンサーリンク /

ぱなぶろ復活!

こっち(手相観)のブログを毎日書くために、長く放置状態だった「ぱなぶろ」を、思い立って11/2より復活してます。良ければ、そっちも読んで下さーい。

-日記・雑記

\ スポンサーリンク /

Copyright© 手相観ぱなせ ♥ 2012-2017 All Rights Reserved.