今日も生きた。それだけで幸せなんだ。

投稿日:2015/02/18 更新日:

昨年、NHKクローズアップ現代で放映された「戸籍のない子どもたち」の続きになる、「戸籍のない子どもたちⅡ どうしたら救えるのか」が、先ほど放送されていました。

昨年の放送時リアルタイムで見ていて、「戸籍がない人」がいることを知り、すごい衝撃を受けました。この番組を見るまで「戸籍」のことを考えたことが無かったからです。

戸籍が無い人がいるという現実

日本に生まれた以上「戸籍」はあって当然のものとして、「戸籍」があるとか無いとかさへ考えたことがありませんでした。

「戸籍」が無い理由には色々あるのでしょうが、番組で紹介されていたのは、母がDV父から逃げて、長年離婚できず、その間に新しいパートナーが出来て、その方との間に子どもができたけれど、離婚していない以上、逃げてきた夫の子となってしまうので出生届を出せずじまい(戸籍が作れない)で数十年・・・というものでした。

戸籍が無くても、乳幼児健診や予防接種、健康保険、小中学校通学など出来ることはあるのですが、親の無知や罪悪感から相談できず、そのまま学校にも行くことができずに大人になった人達がいることに強い強い衝撃を受けました。

戸籍が無いと、車の免許も取れないし、銀行口座も作れない等々、出来ないことが多くあります。そもそも「戸籍」が無いってことは、日本に生まれ、日本語を話しながら、法律的には日本人でもなく、自分の存在も無いことになります。

「私は日本人」というアイデンティティさへ持つことが出来なければ、「生きる」とは何なのかさへわからなくなります。どれだけ苦しくて辛い日々を過ごしてきたんだろう?と思うと泣けて泣けて仕方ありませんでした。

同時に、無国籍の方として紹介された人達の苦しみや現状を見て、そもそも「日本人であること」さへも、とてもとても幸せなことなんだと実感し、「出生届」をちゃんと提出し、「戸籍」を作ってくれた両親に感謝しました。

安心して眠れることさへもラッキー

ニュースを見れば、毎日テロのことや世界の紛争の話が出てきます。世界では女性や子どもがヒドイ目にあっています。近い国では3代続く独裁政権が続き、多くの人が苦しい生活を送っていると伝わってきます。

日本に住む私は、今夜も暖かい布団の中でもふもふの猫を抱きながら眠ります。明日も、ほぼ確実に生きています。明日のご飯の心配もしていません。家に食べ物はあるし、いつでも買いにいける環境だからです。

世界を見れば、こうした生活を送れることが、どれだけ幸せなことであるかに気づきます。世界人口のうち、何%の人がこんな平和な生活をしているでしょうか?

今日も生きた。それだけで幸せだ。

「日本人であること」「仕事があること」「働けること」、日本において当たり前なこと全てが超ラッキーなことなんですよね。

「生きてるだけで丸儲け」は、さんまさんの言葉として有名ですが、この「生きてるだけで丸儲け」が当たり前の基準になれば、仕事で失敗しても失恋しても離婚しても、喜怒哀楽を感じられることが幸せと思えるんですよ。すべては「生きている」から体験できるんですもの。

数年前のことですが、私の知人の子供さんが、事件に巻き込まれて亡くなりました。知人の子どもさんとは知らず、事件の特集番組をドラマを見るような視線で見てました。その数カ月後、その被害者が知人の子供さんだと知りました。

事件の被害者が、実はすぐ近くの人だったことに、ものすごいものすごいショックを受けました。そして、今日を無事に生きることさへも奇跡かもしれないと思いました。当たり前の基準を「生きてること」にすれば、生きて経験できることは全て幸せなことなんだと思うのです。

今日を生きたなら、それだけで幸せなことなんです。すでに幸せの中にいるんだから、十二分に生きることを楽しみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-日記・雑記

スポンサーリンク

Copyright© 手相観ぱなせ ♥ 2012-2017 All Rights Reserved.