【基礎からわかる手相の完全独習】手相の教科書・辞書のような本です。

投稿日:2014/12/5  更新日:

手相に関する本は30冊ほど持っていますが、その中でもダントツに使用頻度の高い本が今回紹介する【基礎からわかる手相の完全独習】です。

基礎からわかる手相の完全独習
単行本:1,944円

手相を知るには、”線”よりも”9つの丘”を覚えること!

この本、「手相の教科書」と言っていいほどの素晴らしい出来です。本そのものも他の書籍より一回り大きく、表紙もしっかりしているので「手相の辞書」という感じでもあります。

↓のような感じで、他よりちょっと大きくしっかりした本の作りになってる。
CA3K0127

表紙をめくったとこに記載されてる内容を紹介。

手相は、もう一つの顔のようなもので、手の持ち主の気質を表しています。そして、その人の過去、現在、未来の流れも判断できます。

手相を学ぶにあたり、おぼえることは数多くありますが、本書では「9つの丘」というものをおぼえることから始めます。

これをおぼえると、手相を読み解くのが容易になります。本書を使って楽しく手相を学んでいってください。

とある通り、この本の最大の特徴は、”丘”について詳しく載っているとこです。
「丘から手相を理解しよう」という趣旨なので、丘を理解することで線の意味も覚えやすく、手相についての理解がぐっと進むと思います。

もちろん”丘”の話だけに留まらず、手相の基本・各線について・流年について等々、ほとんど網羅できています。それに、「恋愛・結婚運」「金運」「健康運」「仕事運」が見れるようにタイプ別の手相サンプル(イラスト)も掲載されています。

なんというか・・・文句のつけようが無い内容ですよ。この本を片手に、色んな人の手相を見て経験を積めば、しっかりお金が頂けるレベルになれると思います。

手相の勉強をしている人、手相について知りたい人は、この本は外せない1冊だと思います。アマゾンで”なか見検索”ができるし、目次も全部見れますのでチェックしてみて下さい。

著者について

著者は、仙乙恵美花(ひとおえみか)さん。苗字が読めませんでした。(-_-)私の苗字もあまりいませんが、この方の苗字も珍しいですね。ホームページもあります。⇒仙乙恵美花の占いごと

元、新聞者勤務で旅行情報誌やCM情報誌のライターとして活動されていたようなので、文章構成・編集力もしっかりされているからこそ、こうした本が作れるんだろうと思いました。ほんと頭の良い人だと思います。

自由が丘、恵比寿、横浜駅近くで手相を教えているようです。対面鑑定も「30分 4,500円/1時間 8,000円」と、本を数冊も出しているのに、とても良心的な価格だと思います。近くであれば、絶対に鑑定に行ってます。ってか、観てもらいたいー!(^^)

\ スポンサーリンク /
\ スポンサーリンク /

ぱなぶろ復活!

こっち(手相観)のブログを毎日書くために、長く放置状態だった「ぱなぶろ」を、思い立って11/2より復活してます。良ければ、そっちも読んで下さーい。

-レビュー
-

\ スポンサーリンク /

Copyright© 手相観ぱなせ ♥ 2012-2017 All Rights Reserved.