生命線から伸びる長い財運線を持つ人は、自身の努力により財を得る。

投稿日:2015/05/19  更新日:

財運(金運)線とは、小指の下の水星丘部分に伸びる線のことを言います。

財運線は、小指の下だけに出る線と思っている人も多いですが、生命線・知能線・感情線の基本3線から伸びる場合もあるし、運命線や太陽線から伸びる場合もあります。また、1本では無く、複数本でる場合もあります。

以前、運命線から伸びる財運線を紹介しましたが、今回は、生命線から伸びる財運線の紹介です。この線も、しっかりした1本線となっているなら、「起業線」と観ても良いと思います。

くっきりはっきりの1本線なら、努力により財を得る人

↓のように、生命線下部から水星丘に向かって、くっきりはっきりしっかりの1本線で伸びている場合、自分自身の努力により財を得ることを示しています。

その相の人は、向上心を持って、努力を続けることが出来る人です。他人の助けを当てにせず、自身の能力・才能をしっかりを活用し、バリバリ働いて、財をなしていきます。

こうした線を持ちながら、満足するだけの収入を得られていないならば、その能力・才能に気づくことからです。正しい目標を持って、正しく努力していけば、しっかりと稼げるようになりますよ。

切れぎれの財運線は、粘り強さに欠ける人

↓のように、切れぎれの細い線が水星丘まで伸びている場合は、本人は頑張っているつもりですが、思うような結果になっていないことを示しています。

この相の人は、気分にムラがあったり、粘り強さや我慢強さに欠けた面があり、財をなすまでに時間がかかることを示しています。

もしかしたら、稼ぐ能力があるのに、それに気づいてないとか、上手く自分の能力や才能を使えてない状態なのかもしれません。

こうした切れぎれの財運線を持つ人って、実はすごく多いです。切れぎれ線なので、これらの線が財運線であることを分かってない場合も多いです。

水星丘に向かう線がたくさんある場合、水星丘の特徴を強調することになりますので、自身の能力や才能を自覚し、能力を伸ばす努力を諦めずに続けると、しっかりした線になってくると思います。

水星丘(すいせいきゅう)の特徴

水星丘は、財運や商才、頭脳の明晰さ、言葉づかいの巧さ、交渉力などを示します。水星丘に線が伸びる人は、頭の回転が早く、コミュニケーション能力が高い人です。金銭感覚もしっかりしています。

また、小指の下は家族運も示します。結婚線も水星丘に向かって横に伸びますし、子供運も観ます。こうしたことから、水星丘は生み出す能力・育てる能力も示します。

言葉使いも巧みで表現力もある人なので、文章を使った表現も長けています。ブログを書いたり、文章を書いたりするのも、とても良いです。文章表現もコミュニケーションですからね。

生命線から伸びる財運線でなくとも、水星丘に向かって伸びる線を持つ人は、上記に当てはまりますので、自身の能力や才能を自覚して、どんどん活用して財を成していきましょ~!\(^o^)/

\ スポンサーリンク /
\ スポンサーリンク /

ぱなぶろ復活!

こっち(手相観)のブログを毎日書くために、長く放置状態だった「ぱなぶろ」を、思い立って11/2より復活してます。良ければ、そっちも読んで下さーい。

-手相について
-

\ スポンサーリンク /

Copyright© 手相観ぱなせ ♥ 2012-2017 All Rights Reserved.