左手に細かい線が多く、右手はすっきり手相になっている人

投稿日:2013/06/15 更新日:

左手は先天的なことが現れ、右手は後天的なことが現れています。
左右どちらの手相も観ますが、基本的に、35歳以上の方は右手を中心に観ます。(私の習った流派では。)

↓のサンプル画像のように、左右の手相の印象がまったく違う人がいます。
手相の線は手書きなので美しくなくてゴメンなさい。
左右の手相が違う人

上記のサンプル手相の場合、左手には細かい線が多く、右手はすっきり手相となっています。この手相の場合、「35歳までの人生の前半は、神経質な面が強くでていた人で、細かいというか緻密というか・・・色々なことを細かく考えすぎ、頑張りすぎの面があり、それによってストレスを多分に感じていた人で、精神的にも、ちょっと脆かった面があったはず。しかし、35歳ぐらいを起点に生き方・考え方・価値観が変わり、35歳以前の自分とは全然違う性格のような生き方になった人ですね。」と観ます。
※細かい線の出方を見ると、もっと詳細な鑑定になるのですが、サンプルなのであくまでも参考にする程度にして下さい。

左右の手相が違う人の特徴

左右の手相が異なる人は、状況によって左手の特徴がでたり、右手の特徴がでたりします。良い意味でも悪い意味でも、2人分の人間性(=二面性)を持つことになり、周囲はもちろん、自分自身さへ驚くことがあります。

どっちがどんな手相かによって判断は違いますが、サンプルの場合だと、歳をとるにつけて、細かいことは気にならなくなったというか気持ちの余裕ができてきた人だとも読みとれます。

反対に、左右の手相の出方がほぼ同じの人は、持って生まれた能力や才能・性格を活かし、それに沿って生きてきている人と観るし、裏表の無い人とも観ます。あと、嘘がつけない愛すべきキャラの人だと思います。

このサンプル手相のように、左手に細かい線がある人は、本質的に細やかな性格を持っている人でもあるので、何歳になろうとも場面や環境により本質の細かい性格がでてくる場合があります。何かに対してだけは、すごい細かいことまで気になるとかね。それも、持って生まれた本質なので、ネガティブに捉えることなく、きちんとさん=きちんとする人だと、ポジティブに捉えましょう。

左右どちらも同じ手相の方が良いというわけでも、左右の手相が違ったら悪いというわけでもありません。手相は、本質もでれば価値観や考え方の変化もでれば、生き方も現在の状況もでてきます。過去の自分があり、多くの経験を経て、今の自分があるので、どんな手相であっても、あなた自身を現わしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-手相について
-

スポンサーリンク

Copyright© 手相観ぱなせ ♥ 2012-2017 All Rights Reserved.