生命線に入る横線は【障害線】もあれば【恋愛線】もある。

投稿日:2014/10/5 更新日:

生命線には、多くの情報が刻まれています。横線や縦線や島などなど。生命線上に出てくる線や相で色々なことがわかります。

生命線を横切る線のほとんどは【障害線】と言い、横切る時期(流年)に障害がある・あったことを示しています。「ほとんど」と言ったのは、【障害線】と似て非なる【恋愛線】というのも、生命線を横切る線だからです。

以前、手相鑑定書を作った方の手相を紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

感情線まで伸びる横線は【恋愛線】

20141004_1-min
このように、生命線の内側から感情線に向かって伸びる横線は【恋愛線】です。

実際の鑑定書には、「30歳ぐらいの時にピンク線が伸びています。感情線まで届いているので、恋愛線だと思うのですが、好きな人はいませんでしたか?両手にあるので、両思いだったと思うのですが、どうでしょう?」と書きましたところ、

確かに両思いだったかと思いますし、数年仲良かったかと思います<後略>

とのお答えでした。この恋愛線は両手共にあったので、両思いと書きました。右手だけにあったなら、自分の方が好きだった。左手だけにあったなら、相手の方が強く想っていた。と読みます。この写真のように、感情線まで届いていたら、だいたいが【恋愛線】です。

【障害線】か【恋愛線】かわからない時もある。

続いて、ちょっと複雑な手相を。同じ流年で横線が入り縦線も入っています。
20141004-min
横線が入り、横線と生命線が交わるところから縦線も伸びています。障害線が入っているのに、開運線も伸びてる???

悩んだ末、「33歳ぐらいの時に左右共に青線が伸びています。この線が難しくて、感情線まで伸びてるようにも見えるし、伸びてないようにも見えるし・・・と悩みました。この青線の上から開運線(ピンク線)が立ち上っているし、旦那様との出会った時期を聞くと、この線は、旦那様との恋愛線だと思います。」と鑑定しました。

その答えは、

この歳がじつはちょっと複雑で33歳のとき、ある人に出会いプロポーズもされましたが、いまいち一緒になるイメージが出来ず、<中略>。。。というのがあって終わりにした数ヵ月後に旦那に出会いました。

とのことで、だいぶ複雑な33歳だったらしく、線も複雑になっていました。このお返事を頂いたので、横線は「恋愛線」ではなくて別れを示した「障害線」で、立ち上る線が旦那様との出会いの「開運線」と鑑定しなおしました。

生命線から立ち上る線は【開運線】

生命線から立ち上る線は【開運線】と言います。ほんの数ミリでも立ち上る線は【開運線】です。生命線と交わる時期(流年)に慶び事があると判断します。

慶び事とは、「出会い、結婚、昇進、昇給、家を建てる、合格」等々。その人にとっての慶び事が起こります。自分のことだけでなく、自分が喜べる相手(家族とか)のことでも線が昇ることがあります。

手相においての1年間は、ほんの1~2ミリの区間しかありませんから、1年間の間で「結婚しようと思った人との別れ⇒出会い(恋愛)⇒結婚」となると、こうした判断の難しい線となります。

「余談」吉方位旅行後、4ヶ月目は吉作用が強くでるよ。

この方の素晴らしいところは、別れた次の月に自分で吉方位を調べて東南に海外旅行に行ったそうです。で、その4ヶ月後に結婚。それも国際結婚という、まるでドラマかマンガか?的な人生となっています。(笑)

4ヶ月後ってのがミソです。吉方位に行くと、当月・4ヶ月後・7ヶ月後・10ヶ月後に吉方位効果がよく出ると言われています。加えて、「東南」方位は恋愛運・結婚運アップに最適な方位です。

4ヶ月後に結婚ってのは、吉方位効果が強くでて、それをしっかりキャッチした結果ですね!すばらしーヽ(^o^)丿幸せになりたいと思ったら、とにかく「行動あるのみ!」です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-手相について
-,

Copyright© 手相観ぱなせ ♥ 2012-2017 All Rights Reserved.