人差し指を囲むようにでる【マネージメント線】【千金紋】

投稿日:2014/11/5 更新日:

人差し指を囲むようにな弧の形となって出ている3本の線。昨日の【火星環(緑)】に続いて、【マネージメント線(赤)】【千金紋(青)】です。特に【千金紋】は、出ていればラッキー(・ω・ノノ”チャチャチャ☆の吉相です!
20141104_1-min

スポンサーリンク

スポンサーリンク

マネージメント線

【マネージメント線】とは、生命線の起点部分から人差し指と中指の間に弧を描くように伸びる線です。

ソロモンの環」とも似ていますが、弧の大きさが違います。木星丘に出ているので、「ソロモンの環・リーダー線」と同じように木星丘を強調する意味があります。

↓のような感じ
マネイジメント線

線の名前の通り、マネージメント(管理・経営)能力に優れた人です。人を管理することに長け、その人の良いところを見つけ、何を望んでいるかを見極め、その人の長所を生かすことができる人でもあります。

人と人を繋ぐことが得意で、他人と協力することで成功する人でもあります。また世話好きで恋人に尽くす人なので、男性より女性の方に出やすい線です。

千金紋

【千金紋】とは、生命線の起点部分から中指の付け根部分(土星丘)に向かって弧を描く線です。中指に向かっている線なので、運命線の一種だと思います。

マネージメント線との大きな違いは、どこに向かって伸びているか?です。指の間に入れば【マネージメント線】、中指の下に伸びていれば【千金紋】になります。線なのに”紋”となっているところに昔からの流れを感じますね。

↓のような感じ。
千金紋

この線は、相当な努力の末に大成功をおさめる大吉相の線です。貧乏であっても一生懸命努力することで、大金持ちなれる人です。別名「成り上がり線」とも言うそうです。ただし、切れ切れの状態であったなら、まだ道半ばな状態であることを示しています。

レア中のレアな大吉相な線なので、しっかりした線となってくるように、日々線を描き、諦めずに努力を重ねていくと、自分の望む成功を収めることが出来ます。

余談ですが、【千金紋】は何て読みます?

私、最初「ちがねもん」と読んでましたよ。(笑)
ざっと調べてみたけど、どこにも読み方まで書いてなくて、辞書を開けば「千金=せんきん」となっていたので「せんきんもん」なんだと思いましたが、「ちがね」って読みませんか?そうですか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-手相について
-

Copyright© 手相観ぱなせ ♥ 2012-2017 All Rights Reserved.