【旅行線】がある人は、旅行で運が開く!

投稿日:

生命線の下部から斜め下(月丘)に向かって伸びる長めの支線を、【旅行線】と言います。多くの人に出ている線です。生命線に入る影響線と似ています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

旅行線を持つ人の特徴

↓の青線のように月丘に向かって伸びます。
旅行線

旅行線がある人は、生まれ故郷(実家)を遠く離れて暮らしたり、実家を離れる期間があることを示しています。また、実家から離れたところで活躍したり、旅行することで運が開ける人でもあります。

この線は「遠いところに行く」ことを示していますので、海外に住んだり、帰国子女の方も、この線が出ていることが多いです。また、旅行・出張で飛び回っている人や、休みの日でも家でゆっくりしているのが苦手で、必ずどこかにお出かけするような活動的な人にも多く出ています。

旅行線は「遠くへ行く」ことを示していますが、例え、国内でも本人が「遠い」と思うような人ならば線が出ているし、海外を飛び回っていても遠いところに行っているという自覚の無い人には出ていません。

線が長い人は、早くから実家を出たり、長期の海外滞在をしたりする人、短い人は、短期の旅行や留学をしたりする人です。生命線の真ん中近くや上部から線が出ていれば、若いころから実家を離れることが多く、実家を離れた方が活躍できることを示しています。

生命線に入る影響線に似ている

↓のような線であれば【影響線】になります。
20150307_3-min

線の出方としては、旅行線ととても似ていますが、旅行線は月丘に向かって伸びる線、影響線は生命線に入る線です。線の伸びる方向が違うのですが・・・なかなか違いは分かりませんよね。(笑)

↓の方向に伸びている
20150307_4-min

旅行線と影響線の大きな違いは、長さです。あとは・・・他の線を観ての判断になるので、文章で説明できないのよ~。(-_-)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-手相について
-

スポンサーリンク

Copyright© 手相観ぱなせ ♥ 2012-2017 All Rights Reserved.