手相観ぱなせ

岡山市北区で手相鑑定を主にした個人コンサルティングを行っています。自分の手相を知ることは「自分らしく生きる道標」になります。あなたがあなたらしく生きるために手相を活用して下さい。

手相観ぱなせ

手相鑑定書の感想をお手紙で頂きました♡

       

先月、手相鑑定書をお送りした方から、お手紙で感想を送っていただきました。Mさん、ありがとうございます。

20150401_2-min

スポンサーリンク

鑑定書づくりは大変ですけど、勉強になります!

Mさんの鑑定書は、全部で16ページにもなりました。いやぁ~頑張ったよ。
20150401_3-min

この方は、右の手相が複雑で、どの線をどの線と読むかで全然違う意味となるので、作っては悩み、作っては悩みとすっごい時間がかかりました。

はっきり断定できないから、↓のように、AとBの2種類の鑑定をしたので、その答えも含めて、お手紙をくれました。

20150401_3-min

鑑定書の一部をご紹介~♪

右手の感情線と知能線の出方が複雑で、AにもBにも観えて悩んだのですが、私は、左手を見てAの方だと判断しましたが、Aで合っていたようです。やっぱり両手見てこその手相だなーと思います。

生命線には多くの情報を刻まれています。↓は私が書いた鑑定書の一部です。

左右③のピンク線も【恋愛線】ですね。左は22、23歳ぐらいに入っているので、この頃に恋心を抱いたのでは?旦那様にか?その前に好きな人がいたか?ですね。(笑)右手は25歳の頃に線が入ってますので、結婚の時ですね。

左⑦は【開運線】が昇り、右⑦は【障害線】が入ってます。30歳の頃ですね。公私における“私”の面では、何か慶び事があり、“公”の面では、障害や悩みとなるようなことがあったようです。公私において、良いことも悪いこともある忙しい時期だったのだと思います。

左⑧は【開運線】が昇り、右⑧は生命線から昇る【運命線】ですね。33歳の頃です。この時に大きく開運したことを示しています。仕事面で良いことがあったと思います。責任ある仕事を任されるようになったとか、良き出会いから仕事に繋がったとか、大きな契約が取れたとかですね。

これに対して、↓のようなお返事を頂きました。

生命線に関してもすごく当たっています。
23歳で主人と知り合い、25歳で結婚。30歳で主人が務めていた会社を辞め。父の仕事を継ぎ、喜びと不安がありました。
33歳あたりに出ている生命線からでている運命線。このころ、今、主力の2社から仕事が入るようになりました。

手相に刻まれたままの状況だったようです!

面白かったのが、この方、48歳ぐらいの時に開運線が昇っていたんです。なので、「48歳頃、太陽丘に向かって【開運線】が伸びています。良き出会いがあったのでは?」と鑑定書に書いてましたら、

48歳で開運線での出会い。人間ではありませんが、この出会いで今ではたくさんの友達もできました。

とお返事が。人間じゃない?と思った瞬間、次の行に目が釘付け!

出会った相手・・・くまモン(笑)

く、くまモン?

dl_kuma03-min

いやーいいですね。相手がくまモンでも心がときめき、そこから行動に繋がり、人に繋がっていったわけですから、開運線が出るのも当然です。しっかし、おもしろすぎでしょ。ヾ(@^▽^@)ノわはは

私もゆるキャラの中では、1番好きで、たまにブログも見ます。(くまモンブログ

今ではワールドワイドな人気のくまモンですが、最初は観客数人レベルだったそうです。コツコツと頑張れば、結果はついてくるんだと、くまモンからも学べます。(● ̄(エ) ̄●)ノ

手相鑑定で、後押しできたら嬉しいです。

今回の鑑定していただき、ぱなせさんの言葉に背中を押され私が前向きに頑張れる気になりました。
手相は変わるっていいますから、今以上に努力して行きたいです。

手相鑑定で「元気がでた!」「勇気がでた!」「ちょっと頑張ってみます。」とか言われると、とても嬉しいです。

手相鑑定は、あくまでも1つの道標であり、未来は変わります。今回の鑑定で知った自分の本質や能力・才能を活かして、幸せな人生を歩いていって下さいねー。いつか、お会いしましょうー!\(^o^)/

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

関連記事

手相鑑定のご感想1

  2012/11/24

操山労務管理事務所の中谷優子先生のブログ【 中谷優子の講師な日々】にて、手相観の …

「良き道標になったようです。」by Iさん

  2016/04/05

少し前に親子で鑑定に来て下さった方から、お葉書が届きました。なんでも国芳展に行き …

行動が早ければ早いほど、幸せに近づく!

  2014/12/24

先月、対面鑑定をした方からその後の報告メールを頂いたので紹介します! この方のこ …

Popular weekly entry