メール鑑定(手相鑑定書作成)は、しばらくの間、受付再開の予定はありません。

投稿日:

最近、遠方の方から「対面鑑定に行くには遠いので、メール鑑定をお願いできませんか?」とか「予約出来ませんか?」とのお問い合わせを頂きます。大変ありがたいことなのですが、当分の間、メール鑑定を再開する予定はありません。

現在、今年3月後半にお申込み頂いた方の手相鑑定書を作ってます。3ヶ月近く経つのに、まだ出来てません。(Nさん、長くお待たせしてすみません。ただいま、鋭意制作中です!今月中には何が何でもお送りします!)

また、「東京に来ませんか?」とか「埼玉には来ませんか?」とか、遠くは「香港に来る機会はありませんか?」とかの電話やメールを頂きますが、これまた県外への遠征予定はありません。

1時間1万円でも頂けば、交通費をかけて行っても良いかもしれませんが、鑑定料を上げるのもちょっとねぇ。それに、19歳の猫がいますので、泊りの出張は一切してないんです。お猫様中心の生活なんで。(笑)

時間がかかればいいってもんじゃないけれど、時間がかかるのよ~。

手相鑑定書は、すっごくすっごく時間がかかります。頂いた両手写真を見比べたりしながら、何度も何度も見て見てみまくって、その上に線を引きます。線を引いても、写真を見てると、その度に気づきがあるので、線引きをやり直したりして、全部の線を確定するまでに相当な時間を要します。

↓のように、写真に各線を手書きで入れ、各線の説明ページを作ります。
mshot-min

対面鑑定で経験を積んで来ているので、以前は気にならなかった線が気になったり、分からない線は調べまくったり、色々な見方ができるので線によっては数通りの鑑定を考えたりするもんで、とにかく線を決定するまでに時間がかかるのです。

線引きができたら、鑑定書の流れを考えながら、それぞれの線のページに写真を貼り付け、文章の無い鑑定書ができます。そこからやっと文章を書き始めます。一度に全部を書ききれないので、少しずつ文章を書き綴っていきます。

現在、ほぼ毎日のように対面鑑定があり、戻って、ブログ更新をし、その合間にIT系の仕事もしています。手相鑑定書作成の場合、腰を据えてやらないと文章が出てこないもんで、合間合間にちょっとだけやるってことが出来ません。

今、6/20の午前4:23ですが、昨夜のブログ更新後、違う仕事をし、午前2時頃から鑑定書づくりの続きをやってて、今の時間になってます。これも今日の鑑定が夕方からで余裕があるので時間がとれてますが、今日の鑑定が午前中にあれば、とっとと寝てないといけないので鑑定書づくりの時間は取れません。

そんなこんなで、お一人の方の鑑定書が完成するまでに、今は3ヶ月ぐらいかかってます。気持ち的には1ヶ月1人で進行できれば良いのですが、なかなかそうはいかないのが現実です。

「予約だけ受ければいいじゃん。」と思うでしょうが、お客さんを待たせる状態になってると心苦しくプレッシャーとなってしまうので、現在、メール鑑定の受付は停止しています。

メール鑑定(手相鑑定書作成)の紹介ページは、非公開にしたほうが良いかもしれませんね。この辺はブログ運営のテクニックがありまして、一度公開したページを非公開にするのは、よく考えないといけないので・・・ちょっと検討します。

何かのついでに鑑定にお越し下さい!

東京からでも高速バスで来られたり、車で5時間、10時間かけて来て下さった方もいますが、鑑定のためだけに来るのは出来るだけ無しの方向でお願いします。鑑定のためだけに来て頂けるのは、とてもとても嬉しいのですが、同時にとても恐縮してしまうんで。

まぁ私も、有名な先生に見てもらうために電車を乗継ぎ、数時間かけて行き、実際の鑑定は30分。ってのもやったことありますけどね。(笑)本人的には、鑑定が目的なので目的が達成できるなら少々時間がかかっても行きたければ行くんですよね。

でも!できれば、お仕事のついでとか旅行のついでとか・・・。せっかく岡山まで来られるなら、ぜひ近隣も楽しんで行って下さい。岡山には岡山城に後楽園、倉敷には美観地区や大原美術館、県北に行けば温泉もあります。山陰や四国へも岡山経由なので、吉方位旅行を計画して、その予定の1つに「ぱなせの手相鑑定」を入れて頂けると嬉しいです。

どうぞ、よろしくお願いします!\(^o^)/

 

※現在、午前5時すぎ。鑑定書づくり、今夜は2時間ほどやったので少し進みました。今日のブログは書いたから、心理的にはゆっくりできるよ~。お猫様が、足元で「寝よう~寝ようよ~(ΦωΦ)」と催促してくるので、さすがに寝ます~。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-お知らせ

スポンサーリンク

Copyright© 手相観ぱなせ ♥ 2012-2017 All Rights Reserved.