電話で方位鑑定は致しませんっ!

投稿日:2014/12/26 更新日:

「致しませんっ!」の代名詞である米倉涼子さんが、一般男性と結婚されましたね。数々の浮名を流した人だったので、結婚するなら芸能関係の人だろうと勝手にイメージしていたのですが、良い意味で裏切られました。(笑)

さて、本題。電話鑑定については、このサイトにおいても掲載していないし、「する」なんて一言も書いてないんですが、たまに「方位鑑定して下さい。」って電話が入ります。

「電話で方位鑑定はやっていません。」って言うと、「あっそうですか!( ̄ヘ ̄)」ってあからさまに不機嫌な声になる人もいます。すごいイヤ~な気分になります。(-_-)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

電話で方位鑑定しない理由

①9種類の方位盤を、一瞬で思い出すほど頭は良くありません。

電話で鑑定しないというより出来ないんです。方位盤は9種類あり、この9種類の盤が年・月・日でそれぞれ違う動きをしており、それらをすべて記憶しておくことなんて出来ません。

②県外の住所を言われても、わかりません。

私は岡山在住で、岡山の地名でも漢字も場所もわからないことが多いのに、口頭で県外の住所を言われても漢字もわからなければ、どこら辺のことなのか全くわかりません。(典型的な地図の読めない女です。)

それらを一つずつ説明を受けながら住所を聞き取るのも大変だし、ミスや勘違いの元になります。また、住所検索をしても違う場所が示されたりすることもあるので、現住所の場所も確認してもらう必要があったりします。

③左右が苦手で、「東」と「西」もよく間違えます。

さらに私は、「左右が苦手」です。手では右を指しながら「そこを左」とか平気で言う人間なので、頭の中で「北東」をイメージしてても、口は「北西」と言ったりします。

鑑定書でも地図は「南東」部分を掲載しているのに、文字は「南西」と書いたりする人間なので、口頭だけで鑑定してたら勘違いしたまま説明しかねません。

間違えを極力なくすために文字化しています。

鑑定書(文字化する)にすることで、間違いがないか何度でも見直し出来るし、後から確認も出来るので、電話での鑑定は一切しないと決めています。

もし「北東」と「北西」をお互いに勘違いしたままになってしまったり、吉方位かと思っていたら凶方位だったなんてことになったらアンラッキーでは済まされません。

方位の間違いがあってはならない」という理由で電話での鑑定をしないことにしているのに、電話すれば鑑定してもらえるかもと思うのは、あなたの自己都合でしかないことに気づいてほしいです。

よって、メールでのやりとりが出来ない方からの鑑定依頼は一切お受けしませんので、別の方をお探し下さい。

電話で質問も困ります。

先日は、鑑定依頼ではなく質問でと、「家族で引っ越す場合は・・・云々」と電話されてきた方がいました。電話が入った時に出られなかったので、折り返し電話すると質問という形で話はじめたのですが、私から電話しているので電話代は私持ちです。

質問といいながら、自分の引越しについてあれこれ聞いてきたなら、それは鑑定になりますよね。はっきり「すみません。すでにこの話は鑑定になってますよ。」と申し上げて電話を終了したのですが、質問であっても、それらは私の知識を前提にした質問ですから鑑定になります。

自分の知らないことを、それを仕事としている人に質問することは、その人の知識と経験をタダで貰おうとする行為です。その上、時間も電話代も奪ってるんですよね。

時間を奪う行為は、お金を奪っているに等しい行為だし、他人の時間を拘束するということは、他人をただ働きさせることと同じ行為だと気づいてほしいです。

こうした人を、私は「時間泥棒」と言ってます。時間泥棒してる人は、泥棒してるなんて全く思ってないですけどね。タダ乗りしようとしてくる人にタダで情報を提供することはありません。それをしたら鑑定料払って下さっている方々に失礼になります。

数秒で出る答えの後ろに、46年間の経験がある。

なんでこうした電話をしてくるのかなーと思っていたら、良い例えのツイートを見つけました。

これです!
電話で「方位鑑定してよ」って平気で言える人は、このツイートで言うところの「50年にお金を払わない人」だと思います。

私は、この書道家の先生のような大家では無いですが、社会人として28年、手相観として足掛け5年の経験と知識があります。その経験と知識があるから、何かの質問や相談を受けても数秒や数分で応えられるわけです。

その数秒や数分のバックボーンに28年という時間の経過があるんです。転職30回という職歴(職歴一覧はこちら)にホステス歴10年、自営業13年の経験と知識に知恵、さらに手相観として勉強してきた数十冊の本の知識と経験を足しての数秒であり数分なわけです。単純に鑑定している時間だけを売っているわけではないのです。

サイトで案内してないのに電話してきて「方位鑑定して」って言える人は、こうした見えない時間の価値がわからないか価値を置かない人なんだと思います。

電話は、「対面鑑定の予約」と「こんな鑑定できますか?」しか受けません。

電話は、「対面鑑定の予約」や「子どもの手の写真を持って行ったら、一緒に鑑定してもらえますか?」(ちなみに観ます。)とかなら喜んで受け応えしますが、それ以外の質問は基本的にメールでお願いします。

対面鑑定以外は、ほとんどパソコンでの作業仕事をしています。パソコンでの作業仕事をしだすと、きりの良い所までやるので24時間起き続けていることも多々あり、普通の人の1日24時間生活をしていません。よって、電話に出られないことも多々あるので、急ぎで無い場合は、基本メールでお願いします。

というか、占い師に急ぎの用事なんて滅多にないことだと思うので、やっぱり連絡はメールでお願いします。上記のような生活なので、曜日感覚もほとんど無いので、口頭だけだと不安というのもあります。

口頭だけだと言い間違いや勘違いが起こりやすいですし、自分の記憶力を信用してないので、「ぱなせへの連絡はメールで」お願いします。何卒ご協力の程、よろしくお願い致します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-お知らせ

Copyright© 手相観ぱなせ ♥ 2012-2017 All Rights Reserved.