現金主義は時代遅れ

投稿日:2018/01/28 更新日:

一昨日起こった仮想通貨の580億の窃盗?事件。盗まれた運営元が現金で返金すると発表しました。

NHKニュースでも、この返金について報じられてましたし、加えて仮想通貨についての説明も行われいました。この事件を契機に仮想通貨への認知度は大きく上がったでしょうね。

\ スポンサーリンク /
\ スポンサーリンク /

ネット上でも驚きをもって語られているのが、コインチェック社が480億もの現金をもっていたこと。NEM(ネム)を持ってた人が26万人もいたということ。です。

NEM(ネム)という余り有名じゃない仮想通貨でありながら26万人もの人が持っていたということは、主流であるビットコインは、いったい何人の人が持っているのか?

金融の世界にいる人でも、この口座数の多さに、自分達が思っていた以上に仮想通貨の取引をしてる日本人が多かったということで、驚きの声が上がっていました。

仮想通貨の取引ができる会社は複数社あり、コインチェックは業界第1位ではありませんが、月間取扱金額は、4兆円にもなるそうで。(´゚д゚`)ヨンチョーエン!?

知らない世界で、大きなお金が動いているんですよね。一人ひとりの単価は、そんなに大きくなくても、「ちりも積もれば山となる」で。知らないでは済まされない時代になりつつありますね。

お金の勉強しなければ!

さっき、林先生の初耳学で、「現金主義は時代遅れ」というのをやってました。日本は、現金主義が多いですが、世界はキャッシュレス化が相当進んでます。世界の主流は、キャッシュレスです。

私も、基本クレジットカード払いです。今は、スーパーでもコンビニでもマクドナルドでもクレジットカードで払えますからね。スマホで払ってる人も増えてきてるし、LINEPAYを使えば、相手の口座番号を知らずともお金のやり取りが出来ます。

東京オリンピックに向けて、都会はキャッシュレス化が一段を進みます。少し遅れて地方でもキャッシュレス化が進んでくると思います。で、仮想通貨です。使う側、貰う側の価値観が一緒ならば交換が可能となるので、知らない人が何を言おうが、仮想通貨の取扱店は増えてきます。

仮想通貨も、キャッシュレス化を進める1つの要因になります。現金主義の人は、多くの場面で損をしてることを知らない人も多いです。初耳学でも、現金主義よりキャッシュレス主義のほうが貯金額も多いとやってました。

ここでも、昭和の価値観が変わってきてることを感じますよね。あと数年ですよ。今の50代60代のオッサン達が社会の中心からいなくなれば、一気にキャッシュレス化も進み、落合先生の言うデジタルネイチャーの世界がやってきますよ!

想像できない未来を、ワクワクしながら今を生きるか。不安感のままに今を生きるか。どっちが人生を楽しめるか?考えなくても分かりますよね。ワクワクしちゃえばいいんですよ。

ワクワクさせてよ~♪ですよ。(中山美穂の歌が想像できた人は、同世代~。笑)

 日記・雑記  

\ スポンサーリンク /
\ スポンサーリンク /

Copyright© 手相観ぱなせ ♥ 2012-2018 All Rights Reserved.