手相観ぱなせ

岡山市北区で手相鑑定をベースに個人コンサルティング(よろず相談)を行っています。

ネットでもリアルでも、人としての基本は大事よね。

投稿日:2018/6/26 更新日:

日曜日に起こった福岡での殺人事件。事件後、すぐに、その被害者がブロガーのHagexさんらしいとの情報がツイッターに流れてきました。

ブロガーとして有名な人で、私もよくブログを見て楽しんでいたので、その名前を見て驚きました。

2日経った今も、その衝撃は続いていて、いたるところでHagexさんへのコメントとか、この事件について語られています。

この事件。ネット界隈に詳しくない人だと、加害者がHagexさんに恨みを抱いていたかのように思うかもしれませんが、実際はそうではなく。ネットで有名な相手なら誰でも良かったというところが本当だと思います。

実際、加害者はHagexさんと直接の面識はなく、顔も知らず、たまたま自分が在住してる福岡にネットで有名なHagexさんが来てることを知ったので襲いにきたって感じで、ネット界隈では「通り魔」のように言われています。

Hagexさん側に、加害者に対しての落ち度があったわけでもなく、本当にたまたま福岡に行ったことでターゲットとなったと思います。

2日経って、加害者情報がでてきてますが、九州大学出身で、それなりに頭の良い人で。リアル社会ではうだつのあがらない人となっており、そのストレスをネットで発散するかのように、多くの人に「低脳」とコメントをいれていたために「低脳先生」と呼ばれて迷惑がられていた存在でした。

Hagexさんが「低脳先生」とつけたわけでなく、誰が言い出したか分からないようなネット上の呼び名だったので、加害者も特定の誰かを恨んでいたわけではなく、ネットを通じて感じる多勢の人達に向けての恨みが暴発したように思います。

表現(発信)することを恐れてはならぬ!

何年か前の秋葉原事件と同じように、今回の事件も、加害者側の勝手な思い込みの通り魔なので、ブログを書くことを極端に怖がる必要はありません。

これからの時代は、発信できる人が強く、生き残っていけます。だから、ブログでの自己表現は必要なスキルとなってくることは間違い無いですが、ブログを書く=全世界に公開されていることを自覚して、誰か特定の人物を誹謗中傷するような表現は控え、愚痴や悪口だけのブログは書かないことが大事です。

ブログを書くなら、誰かの役に立つことを想像して書くこと。たった一人にでも、「へぇ~なるほど」と思われるブログを書いていれば、自分の世界も可能性も広げてくれるツールとなります。

事件の表面だけを見て、むやみに怖がったりしないこと。今の時代、ネットの中に自分の存在場所を作る人も多く、私も、その一人なので、今回の事件は衝撃ですが、リアルもネットも関係なく、人間関係を作ることや他人とのコミュニケーションは気遣いや思いやりを持って行うという、人としての基本を忘れないようにすれば良いと思います。

あと。自分の「普通」は、他人にとっての「普通」ではないということも忘れてはならないことだと思います。

と、偉そうに書いてるけど、私も、人に言えるほど聖人君子でもなく、意図せずともブログの表現で人を傷つけたことがあったので、自戒を込めてだけどね。

-日記・雑記

\ スポンサーリンク /

Copyright© 手相観ぱなせ , 2012-2018 All Rights Reserved.