手相観ぱなせ

天職探して転職30回+ホステス10年から自営業15年。これらの経験を活かして、岡山や倉敷で手相鑑定をベースに個人コンサルティング(よろず相談)を行っています。

天才の脳は、分解から世界中に散らばっている。

投稿日:2018/7/29 更新日:

NHKスペシャル「消えたアインシュタインの“脳”の行方を徹底追跡!」を見ました。めちゃくちゃ面白かったです!

アインシュタインと言えば、この↓写真のイメージが。

アインシュタインの死後、解剖され脳がまるまる取り出され、それらが細かく240ものブロックに切り分けられ世界中に散りばっていることを、はじめて知りました。

今回、アインシュタインの脳が3Dで立体化されたんだけど、一般人に無い部分があったりで、やっぱ天才の脳は研究対象に値する脳であったようです。

「天才の脳がどうなっているか知りたい」という科学者の探究心は、本当にスゴイもんですね。

↓全部、アインシュタインの脳の断片

↓形が崩れないようにと劣化しないように、特殊なもので包んでいるらしい。

1955年に76歳で亡くなり、その時、解剖した医師が脳をまるっと持って帰ったわけですが、この解剖した医師が、2007年に94歳で亡くなったと聞いて、「最近の話じゃんっ!」と思いました。

死後63年経過してるんですが、断片となった脳でも、今の技術を用いれば、色々なことが分かるらしい。天才の脳を知ることで、未来に繋がる情報を得ることが出来るなんて、ロマンですねー。

\ スポンサーリンク /

 日記・雑記  

おすすめコンテンツ&PR

人気エントリー

タグ

Copyright© 手相観ぱなせ , 2012-2019 All Rights Reserved.