手相観ぱなせ

天職探して転職30回+ホステス10年から自営業15年。これらの経験を活かして、岡山や倉敷で手相鑑定をベースに個人コンサルティング(よろず相談)を行っています。

「学び」は自立を助けるもの

投稿日:2019/4/17 更新日:

さっきニュースステーションで夜間中学のニュースをやってました。

夜間中学は、国の対策で県に1つは作るようにとお達しがでているもので、埼玉県に22年ぶりに出来たことを伝えていました。

そこに、数日前に新聞で見た「堀川しず子さん(86歳)」が出ていました。14歳から働き詰めで中学に行けなかった堀川さんは、ずっとずっと学びたいと思っていましたが、埼玉には夜間中学がありませんでした。

ある日。公民館で「夜間中学の案内」チラシを見つけ、すぐに電話したそうです。「86歳ですけど、いいですか?」と。そして迎えた入学式。紫色のスーツを来た堀川さんの顔は、14歳の顔でした。

お孫ちゃんが使っていたお弁当箱に、自分で作ったお弁当を詰めて。娘が買ってくれたリュックを背負って、学校に向かって歩く。その姿だけでワクワク感が伝わってきました。

「生徒番号とかはじめて」と目を輝かせながら話し、新しい教科書を手に「キレイねー」と呟きながら、嬉しそうに自分の名前を書き込んでいる姿を見て、近所のおばちゃんのように「良かったね~。」と呟きました。

「自立を助けるものだと思う。学びというのは。学びというのは一生だと思う。やめるときは死ぬ時だね。」と笑いながら答える姿は、本当に可愛らしくて。「学び」は、喜びも与えてくれるものだと、改めて実感しました。

学べる幸せを忘れがち

東大の入学式での上野先生の祝辞が話題になってましたが、学べる環境があるというだけで、とてもとても有り難いことなのに、平和な日本にいると、その有り難さを忘れるんですよね。

 あなたたちはがんばれば報われる、と思ってここまで来たはずです。ですが、冒頭で不正入試に触れたとおり、がんばってもそれが公正に報われない社会があなたたちを待っています。そしてがんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、あなたがたの努力の成果ではなく、環境のおかげだったこと忘れないようにしてください。

世界には学びたくても学べない人がいる。学べる環境があるのに、学ばないなんてモッタイナイことだと知るべきです。

私達は、まだまだ学べる。学びは自立を助けてくれるし、他人を助けることにも使える。いくつであっても、学ぶことを諦めず、学び続けていきましょう!

\ スポンサーリンク /

 日記・雑記  

おすすめコンテンツ&PR

人気エントリー

タグ

Copyright© 手相観ぱなせ , 2012-2019 All Rights Reserved.