手相観ぱなせ

天職探して転職30回+ホステス10年から自営業15年。これらの経験を活かして、岡山や倉敷で手相鑑定をベースに個人コンサルティング(よろず相談)を行っています。

自分が成長しないと、世の中は腹の立つことばかり。

2019/7/17

バナナマンの設楽さんの言葉が良かったとツイッターで回ってきました。日室さんが、後輩のことで腹が立った話からの返事のようです。

書き出してみます。

「人はね、自分の引き出しが多くないときに怒っちゃうんだって。『そうした問題には、こうしたほうが良い』っていう経験が無いと、人は怒ってしまう。

だから、そういう(至らない)若手がいても、『あぁなるほどな。俺もそうだったな』って思えて、それをちゃんと解決に導いてやることができれば怒らないんだよ。

だから、経験がいっぱいある人は怒らなくなる。そうやって人は丸くなっていくんだよ。」

鑑定でも良く言うんですが、成功とか失敗とか考えずに、ゼロから1にする経験を増やしていこうよって。ゼロ=未経験から1度でも経験してみれば、知らなかった世界を知ることできる。

その経験値は、自分の引き出し(知識の多さ)になる。引き出しが多くなれば、(世の中で戦える)武器が増えるということにもなる。

『出来ることが増える』とは、スキルだけの話じゃなく、人とのコミュニケーションにも言えることで。

これは、私自身の経験からも言えることだけど、経験値が増えた今は、マジで怒ることが無くなった。いい年して、ガチャガチャ怒ってる人を見ると「元気だな」って思うぐらい。(・∀・)

『怒り』って、エネルギーを使う行為だから、ぽっぽと怒ってる人を見ると『元気=若い』なって思うし、『若い=知識・経験値が少ない』と思ってしまうね。

「自分のやり方が一つしか無い人は、それからハミ出たことをやる人に『テメェ!何やってんだ!こういう時は、こうしろ!』って自分のやり方を押し付けて、強引に自分流に持っていこうとする。

でも、別のやり方があるって知っている人は、『あぁこういうやり方をしているのか。だったら、こうしてみろよ』って、怒らずにアドバイスできる。

だから、自分が成長しないと、世の中は腹が立つことばかりなんだと思うよ。」

40代の母が、子供たちに対して、心配から色々言ってしまいがちで、「もう、どうしたらいいのか?」と相談されて。

「これからの未来は、私達が10代20代30代で経験した社会とは、まったく違う社会になるのに、古い価値観や経験値を押し付けても、子供たちには響かないよ。

それよりも、母自身が常に勉強し、社会を世界を広く知る見る努力をしていれば、おのずと子供たちも広い視野を持つようになると思うよ。」

と助言したこのですが、年上であろうが親であろうが関係なしに、今どきの子は引き出しの少ない大人の話を聞きません。子供たちの方が、ネットを活用して広く物事を知ってますからね。

今の時代、1つの生き方・やり方だけじゃないんですよ。過去に縛られず、年齢に縛られず、常に学ぶ(成長する)姿勢が大事で、常に学んでいる人は、年齢に関係なく謙虚だし。

歳をとって怒りっぽくなったって人は、脳の老化で凝り固まった思考になってると自覚したほうがいいよね。自覚できる人は、筋トレ+脳を刺激する何か目新しいことやってみたらいいね。>筋トレは絶対!(・∀・)

-日記・雑記

このブログは、パナセ こと 折田知子が書いています。天職探して転職30回+ホステス歴10年の末、2004年より一人自営業やってます。⇒パナセ♥オフィシャル

2012年から手相鑑定をベースに個人コンサルティングを行ってます。⇒手相鑑定について

おすすめコンテンツ&PR

タグ

Copyright© 手相観ぱなせ , 2019 All Rights Reserved.