【女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと】を読んで、本当の幸せを掴める女性になろう!

投稿日:2018/6/27 更新日:

去年、卒母(そつはは)宣言してNHKにまで呼ばれた西原理恵子先生。

同時期に発売されたのが、↓の本。
女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと

発売された時に買って読んでたんだけど、紹介しようしようと思いつつ早1年。遅ればせながらだけど、紹介するよー。

現役女の子だけでなく、女の子を持つ親御さんに、元女の子にも読んでほしい!

西原さん。今は、高須クリニックの高須院長とのバカップルぶりを漫画にして、読者を楽しませてくれてますが、義理の父が自殺したり、旦那がアルコール依存症のDV男だったりと、なかなかの苦労人で。

以前も紹介したことがあるけど、美大に行ったものの、才能あふれる人達を見て、この世界で自分の居場所は無い、だけど絵で食べて行きたいとエロ雑誌のカットイラスト1点500円からキャリアをスタートさせ、今の地位・稼ぎまでになった努力の人でもあります。

家族のことをネタにして毎日書き続けた「毎日かあさん」。娘さんが16歳になったのを機に「卒母」宣言し、「毎日かあさん」もフィナーレとなりました。そして、反抗期真っ只中の娘さんのために出版されたのが、この本。

「お寿司も指輪も自分で買おう。人生は、その方が絶対楽しい。」というキャッチコピーの通り、自立した女性を目指すことを勧める本です。もうね。10歳ぐらいの女の子から読ませてほしい。女の子の親御さんはもちろん、元女の子にも読んでほしい。

特に独身で結婚と仕事を天秤にかけるような思考を持ってる人は、この本を読んで、その考えを改めてほしいと思うね。書籍の中から、私が1番気に入ってるところを紹介するね。

性格が悪いほうが幸せになれるよ。

「性格悪いほうが幸せになれるよ。」に全面的に同意します!(`0´)ノオッス!

「いい子にならなくていい。いい子は、幸せを譲っちゃうから。」に泣けてきません?

日本人の生真面目さは、ともすれば自分の幸せを二の次にしがちです。それじゃダメなんですよ。幸せに対して、もっと貪欲になっていいんですよ。

大事なのは、自分の幸せを人任せにしないこと。

成人すれば親のせいにも出来ません。以前、鑑定に来た20代も後半にはいってる男性。幼稚園の頃の引っ越しで運が悪くなったと言っていて、20年も前の引っ越しのせいにしてることに驚いたことがあります。

こういう人って過去に生きてるんですよね。過去に生きてる暇があるなら、前(明日)を見ろよ。少しでも稼ぎをよくするために努力しろよ!と思い、「何言ってんの?そんなこと言ってる限り、不満な現状のままだよ!」とお説教ですよ。(笑)

最優先すべきは、自分の幸せなんです。他人の評価なんて、どうでもいいし、親に縛られる必要も過去に縛られる必要もないんです。

誰よりも先に幸せにすべきは、自分なんですよ。自分が自分で自分を幸せにするんです。誰かが幸せにしてくれると思ってる限り、幸せにはなれないんですよ。

結婚に夢を持つのは良いことだけど、結婚すれば幸せになれるわけでもなく。子供ができれば幸せになれるわけでもなく。すべては自分次第。

自分自身で幸せを掴める女性(人間)に育てるには、子供だからとファンタジーの世界に閉じ込めようとせず、ちゃんと現実を教えてあげることが、これからの時代は尚さら必要なことだと思います。

そのためには、大人の方が昭和な価値観を捨てないとダメだと思うんで、いい年した大人こそ読んだほうがいいかもね!(・∀・)

\ スポンサーリンク /

-レビュー

Copyright© 手相観ぱなせ , 2018 All Rights Reserved.