手相観ぱなせ

天職探して転職30回+ホステス10年から自営業15年。これらの経験を活かして、岡山や倉敷で手相鑑定をベースに個人コンサルティング(よろず相談)を行っています。

【仕事線】を持つ人は、人生において【仕事】の重要度・優先度が高い人

先日、鑑定に来られた方の両手に【仕事線】がありました。【仕事線】は第二火星丘に現れる線です。

第二火星丘にでる線

第二火星丘に出る線として、【反抗線】【忍耐線】があり、どれも似た線で見分けるのが難しい線です。

反抗線


反抗線を持つ人は【内に強い自己主張を秘め、正義感が強く、自分がやると決めたことは我慢強く打ち込むことができる人】です。

時に自己主張や正義感が反抗的な態度に見えてしまうような面もあり注意が必要です。

忍耐線


忍耐線を持つ人は、【見た目の印象は柔らかい人も多いが、内面は勝ち気で我慢強く、しっかりした人】です。

我慢を強いられる状況や困難な状況にいても、努力を続けることで着実に運が開いていきますが、我慢の方向を間違えてDVさへも我慢したりする面もあります。

仕事線とは

仕事線は、小指側の感情線の下側にでる線です。この線は誰にでも出る線ではありません。仕事線が無いといって仕事運が悪いわけではありません。私は、仕事線で仕事運の良し悪しを観ることは無いです。

【反抗線】【忍耐線】のどちらを見ても分かる通り、第二火星丘は、内側(自分自身)との戦いを意味します。ここに線が伸びている人は、「我慢強く困難があっても諦めない強さがある人」です。

一般的な【仕事線】は、感情線の下に数センチの線で現れる。


一般的な仕事線は、感情線の下に3cmぐらいの1本線で現れるのが多いです。

この線を持つ人は、人生において仕事の重要度が高く、仕事で認められたい願望が強い人です。「生きがいとなるような仕事をしたい」「やりがいのある仕事がしたい」と思ってる人でもあります。

仕事にやりがい・生きがいが無いと何となく不満足だし、同僚がサボったり手を抜いてたりすると(持ち前の正義感から)、チッと舌打ちをするような感情になります。

この線を持つ人は、やりがい・生きがいを感じられる仕事に出会えると満足度も高くなりますが、そうした仕事が出来てなくても腐らず、ライフワークとなるような何かを得られるように勉強してスキルアップしていくと、人生の充実度が増します。

人生における目標(テーマ)ができれば、我慢強く粘り強く努力できる人です。これからの時代を考えれば、今の仕事が不満足だからと、すぐに辞める必要はなく、複業できるようにスキルアップしていきましょう。

切れぎれの【仕事線】が出てるなら、努力の方向性が間違えてるのかも。


仕事への思い入れが強い人なので、仕事で結果がでてない・認められてない状況になると、心の不満足感から切れぎれ線になります。

こうした人は、一旦、自分の行動を止めて、現状を振り返ってみましょう。努力の方向性が間違っているのかもしれません。

または、仕事の忙しさから心身にストレスを感じている状況かもしれません。一旦、落ち着いて、心身の休息を取りましょう。積極的休息も大事ですよ。

運命線を横切るほど長い【仕事線】を持つ人はワーカホリックかも~。


仕事線が運命線を横切ってるぐらい長く伸びている場合、仕事熱心を通り越してワーカホリック(仕事中毒)状態になってるかもしれません。

仕事量が多すぎるのか?仕事上の悩みが多いのか?人生において仕事が重要度も優先度も高い人なので、まだまだまだまだとやり過ぎている状態かも?

スポーツ選手が練習のやり過ぎで故障してしまうように、仕事もやり過ぎると心身を壊します。

こうした線になっている人は、一旦、落ち着いて、何もかもを自分ひとりで抱え込まないように、他の人に仕事を振っていくことを考えましょう。

-手相の見方
-

手相の見方 まとめのまとめ

続きを見る

このブログは、パナセ こと 折田知子が書いています。天職探して転職30回+ホステス歴10年の末、2004年より一人自営業やってます。⇒パナセ♥オフィシャル

2012年から手相鑑定をベースに個人コンサルティングを行ってます。⇒手相鑑定について

おすすめコンテンツ&PR

キーワードで探してね!

タグ

Copyright© 手相観ぱなせ , 2019 All Rights Reserved.