火星丘|軍神マーズがつかさどる勇気の丘

当ブログの記事内では『アフィリエイト広告』などの広告を掲載している場合があります。記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。問題のある表記がありましたら、お問合せよりご一報くださると助かります。

西洋手相術で重要な丘は、大きく8つに分けられます。その中の手のひらの中より火星丘についてです。

火星丘は、範囲が広いので3つのエリアに分れ、それぞれに第一火星丘・第二火星丘・火星平原と名前がついています。

手のひらに宇宙|手相は丘(きゅう)が大事

火星丘は、軍神アレマまたはアレス(マーズ)がつかさどる丘とされており【勇気の丘】とも言われます。

\SHEINのお洋服かわいくて安い!/
月末セール 10/3まで

火星丘の3つのエリア

火星丘は、3つのエリアに分かれています。

火星丘は、手相の中で1番大きなエリアです。指の付け根とかでは無く、範囲が分かりにくい部分です。

火星は実践と効率を目指す星で仕事の星とも言われることから、火星丘には『競争・闘争・勇気・情熱・行動』の意味があります。

火星丘は、その人自身が気づいていない無意識の行動パターンやクセなども現しています。

第一火星丘

第一火星丘は親指側。親指の付け根ラインから生命線ぐらいまでの内側部分になります。火が燃え盛るような戦いのエネルギーを持っています。

自分vs他人の戦いを現し、『闘争心・積極性・勇気』を意味します。

第一火星丘が膨らんでいる人、線が入っているは、闘争心や決断力、行動力があります。じっとしていることが苦手で、何事においても積極的に取り組む行動力があります。

膨らみすぎているようなら、ちょっとしたことでカっとなったり、攻撃的な面がでたりすることがありますが、いつまでも怒っているようなタイプではありません。

短気は悪い面ばかりでなく、「こんちくしょう!負けるもんか!」と良い意味での負けん気の強さを持っている人でもあります。集中力が高いが故に、ストレスも溜めやすいので注意が必要です。

膨らみが弱い、線が無い人は、慎重な人で積極性や根気強さは弱いです。

第一火星丘に出る線・相

第一火星丘には、その意味通りの

  • 短気線
生命線の内側にでる【短気線】がある人は、負けん気の強い人

がでます。生命線の内側になるので、障害線やシワと見間違えやすいです。

第二火星丘

第二火星丘は小指側、水星丘の下辺りで感情線の真下辺り。第一火星丘と対称に位置します。

第一火星丘が『自分vs他人の戦い』を現せば、第二火星丘は『自分との戦い』を現します。

『忍耐・我慢・耐久力・自制心・堅実さ』という受身的な意味があり、困難があっても諦めない芯の強さや我慢強く突き進むエネルギーを蓄えています。

第二火星丘が膨らんでいることは滅多にありませんが、大きさ・広さが人によって異なります。

第二火星丘が大きい人は、自己抑制ができるタイプ。線が多い人は我慢強い人。目標に向かって情熱を持って行動していく人です。

第二火星丘が狭い人、線が無い人は、自制力や行動力に欠けているかもしれません。

第二火星丘に出る線・相

第二火星丘に出る線として、

  • 反抗線
  • 仕事線

があり、第二火星丘から伸びる線として、

  • 忍耐線
第二火星丘から伸びる【忍耐線】を持つ人は、良い意味でも悪い意味でも我慢強い人

があります。

DVを受けている人に、忍耐線が出ているのを観たことがあります。我慢強さや忍耐力を悪い意味で発揮してしまっていたようです。

火星平原

火星平原は、手のひらの中央辺り、通常凹んでいる場所です。火星平原は、知能線や運命線が通る場所なので、その人の意思やモチベーションを維持するのに、どのように対処しているかが分かる部分です。

ここが膨らんでいる人は、現在、目標を持って頑張っている状態か?何かと闘っている状態か?反発心が強くなっている状態にあるのかもしれません。

この部分だけが大きく盛り上がっているように見えるなら、ちょっと被害妄想が激しくなり、自制心を失っている状態かも?です。

火星平原に出る線・相

火星平原は、手のひらの真ん中辺りにある広いエリアなので、知能線・運命線など色々な線が通ります。火星平原だけに現れる特定の線や相は、思い当たりません。

手相観のコツ

火星丘は、第一火星丘と第二火星丘の位置を間違えないように注意。親指側が第一、小指側が第二になり、第一と第二では相反する意味がある。

例えば、第一(親指側)が盛り上がっていて、第二が狭い・線が無い場合、『熱しやすく冷めやすい』『燃え上がるは早いけど、すぐに熱がさめる』『飽きやすい』タイプになります。

第一は弱いけど、第二が広い・線が入っている場合、『行動する前に色々調べて慎重に行動をはじめる』人で、いざ目標が設定されて行動をはじめたならば、自分との戦いとして『黙々と目標に向かって努力できる』タイプになります。

自分の身体や心を鍛えるために苦しいトレーニングを行うスポーツ選手など、自分との戦いを続けている人は、第二火星丘が発達している人が多いです。

まとめ

  • 火星丘は勇気の丘。行動の丘とも言われる
  • 火星丘は3つのエリアに分れ、範囲は広い
  • 第一火星丘『自分vs他人』で外向き、第二火星丘『自分との戦い』で内向き
  • 火星平原は、通常凹んでいる場所。ここが盛り上がっている場合、被害者意識が高くなっているか?反骨心・反発心が強くなっているから注意かも?
PR