マスカケ線から知能線や感情線がでている【変形マスカケ】

当ブログの記事内では『アフィリエイト広告』などの広告を掲載している場合があります。記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。問題のある表記がありましたら、お問合せよりご一報くださると助かります。

ますかけ相と変形ますかけ相の違い

ますかけ線

知能線と感情線が1本になっているのを【マスカケ線(マスカケ相)】と言います。

世間は、【ますかけ線】と言う人が多いですが、私は【ますかけ相】と言ってます。>どっちでもいいー!(・∀・)

変形ますかけ相

マスカケ線から、↓のように知能線や感情線がでている相を、「変形マスカケ」と言います。

「知能線」だけ出てる人もいるし、感情線だけ出てる人もいます。

変形ますかけ線は、二重知能線と二重生命線

マスカケ相(マスカケ線)自体に、「感情線」と「知能線」が含まれていますので、「知能線」が出てるなら「二重知能線」となり、「感情線」が出てるなら「二重感情線」となります。

「感情線」も「知能線」も出てるなら、「二重感情線」に「二重知能線」の人ってことになります。

変形ますかけの特徴

変形マスカケの特徴は、「感情線」「知能線」のどちらが出てるか?両方ともあるか?によって違うため、一言で現せませんが、マスカケ相の人に比べ、柔軟性があります。

【感情線】がでてる変形マスカケならば【二重感情線】の人の特徴が強くでるってことになります。【知能線】がでている変形マスカケなら【二重知能線】の特徴が強くでるってことになります。

両方ともでていれば【二重感情線+二重知能線】の人になりますので、さらに複雑です。マスカケの強さ+変形の複雑さが相まって、さらに変人・・・いや変わり者ってことになりますね!(・∀・)

PR