鑑定日記 お土産

44~45歳は、転機の時!かもよ。

今日は、午後から1件2人。お隣の兵庫から車で来てくれました。「丹波の名産なんです!」と頂いたのは「丹波わ焼き」という洋菓子。ヽ(=´▽`=)ノ

丹波三宝と言われる丹波産の黒大豆、大納言小豆、栗を贅沢にトッピングした焼きドーナツ。とりあえず、丹波栗が入ったのを頂きました!しっとり柔らかドーナツで、とても美味しゅうございました。

ふるさと納税の返礼品にもなってるお菓子です。Fさん、ありがとうございます!

40代も半ばになると、人生の後半に入った感が強くなるよね。

昨日も今日も、関西方面から+45歳(1人は早生まれの44歳)+独身の人でした。それぞれ人生を考えるタイミングだったようで、遠く岡山まで来てくれました。

44歳、45歳で独身だと、なんとなくね、この先の人生を考える時期なんだと思います。親は、まだ元気で、自分のことだけを考えればいい時期でもあるし、四捨五入すれば50歳になる年齢だし。

三人三様の相談でしたが、「ぼーっと生きてんじゃねえよ!」のチコちゃんのごとく、スパルタパナセでハッパかけまくってきました。(・∀・)

大人になると叱ってくれる人がいなくなるんですよね。個人的な悩みを言う場所も、なかなか無いし。だから占い師のとこに相談に来る人が後を絶たないんでしょうが。>そういえば、LINE占いをしてる業者からスカウトが来たよ!

待ってても結婚相手は現れないし、自分の望む理想の人生を、誰かが準備してくれることはないし、自分以外に自分の人生に責任を取ってくれることもないし。

「この先どうしよう?どうなるんだろう?」と、具体的に何と説明は出来ないんだけど、なんとなーくの不安感に駆られて、「何かしなきゃ!」と焦りだす気持ちも分かる。ちょー分かる。私も、同じだったからね。

私は、44歳から手相観になりました。

私も結婚してないし、親に財産も無いので、おひとりさまな人生を生き抜くためには、いくつになっても稼げる人でいなければと思い、手相観になろうと決めました。

44歳から手相の勉強をはじめ、手相観になりました。「手相観になった」と言えるのは、知らない人が予約をして鑑定に来てくれて、お金を払ってくれたから、その日、私は手相観になれました。

現状が、自分の考える理想の自分で無いなら、その状況を変えられるのは自分だけなんです。周囲から何を言われようと、自分で決めたことを淡々とすればいいんです。「行動は最大の防御」なんですよ。

手を動かせ!足を動かせ!頭を動かせ!他人にも自分にも見える形にアウトプットすることで、確実に未来の自分が変わりますからー!

自分ブログを作る参考に!

そうそう。「ブログやりなよ!」と勧めることが多いので、参考ページを作りましたよ。「ブログやってみよっかなー?」って思ってる人は、参考にして下さいな。

ちょこヘル!

\ スポンサーリンク /

-鑑定日記, お土産

パナセ

パナセ

このブログは、パナセ こと 折田知子が書いています。天職探して転職30回+ホステス歴10年の末、2004年より一人自営業やってます。⇒パナセ♥オフィシャル

2012年から手相鑑定をベースに個人コンサルティングを行ってます。

人気エントリー

手相の見方

おすすめコンテンツ

© 2020 手相観ぱなせ Powered by AFFINGER5