【水星環】別名【直感線】を持ってる人は、物事の本質を見抜く力のある人

2014/11/1

木星、土星、太陽・・・ときたら、水星ですよね?(笑)
【ソロモンの環】【土星環】【太陽環】手相の環っ!」を書いてて、「ん?木星環(ソロモン環)、土星環、太陽環があるのに、水星環は無いのか?」と思って調べてみたら、やっぱりありました【水星環】。

【水星環】=【直感線】のことでした。私は、【直感線】と覚えていたので、これが水星環だとは調べてはじめて知りましたよ。他に【霊感線】と言うそうです。あぁ~まだまだ修行が足りませんね。(-_-)

水星環の出方

1本くっきり線で出てることは珍しい

水星環は、ソロモンの環・土星環・太陽環と違って、指の付け根に半弧を描く形ではありません。

この↓サンプルのように月丘から小指の付け根部分の水星丘に向かって半弧を描く線です。

この線も、他の線と同様、1本線でくっきりはっきり出ている方が珍しいです。

ほとんどが切れ切れ線

だいたいが、この↓ように切れ切れになっていたり、バラバラ線に見えながら微妙に繋がっていて水星環を作っています。

手をすぼめることで、水星環の形が出てくることもあります。

水星環=直感線を持つ人の特徴

【直感線】【霊感線】の名の通り、この線を持つ人は、直感が鋭く、物事の本質を見抜く力に優れています。インスピレーションが働く人なので、予感や直感が当たりやすく、ギャンブルや投資にも優れた才能を発揮することもあります。

占い師やヒーラーのような仕事も向いているし、発明や企画分野でも成功率が高く、時流を読むことにも長けているのでビジネスの世界でも活躍できる人です。

月丘と水星丘を結ぶ線となっている+弧を描くのがポイントで、月丘と水星丘の意味をより強調する線だと思います。この線に、仏眼や神秘十字線をも合わせて持っているなら、色んな意味でスゴイ手相だと思います!

\ スポンサーリンク /

-手相の見方
-

このブログは、パナセ こと 折田知子が書いています。天職探して転職30回+ホステス歴10年の末、2004年より一人自営業やってます。⇒パナセ♥オフィシャル

2012年から手相鑑定をベースに個人コンサルティングを行ってます。

おすすめコンテンツ&PR

人気エントリー

手相の見方

© 2020 手相観ぱなせ Powered by AFFINGER5