手相の見方

生命線の内側にでる【短気線】がある人は、負けん気の強い人

2014/4/14

手の平の丘には、それぞれ名前が付いています。

丘の意味から線の意味を知る

親指の付け根部分、生命線の内側辺りを「第一火星丘」と言いますが、この第一火星丘の部分に斜めに伸びる短い線がでていることがあります。これを【短気線】と言います。

そもそも「火星丘」には、競争、闘争、勇気、情熱、行動の意味があり、第一火星丘が発達している人は、勇気があり闘争的で「勇気の丘」とも言います。この「勇気の丘」にでてくる線なので、第一火星丘の意味を強調するものになります。

短気線の実例

わかります?

線をいれてみました。

【短気線】は、名前の通り、短気な人に出る線です。名前だけを見ると、すぐ怒るようなイメージですが、確かにすぐに火がつく感じもありますが、「こんちくしょう!負けるもんか!」と負けん気の強さを示しています。

また、第一火星丘の意味を捉えると、「積極的で勝ち気」という意味もあり、この線がでている人は、「目標に向かって果敢にチャレンジし、情熱をかけて行動していく人」でもあります。

この辺りは、指を動かす位置なので細かいシワもでやすく、実際の【短気線】と見分けがつかないかもしれませんが、【短気線】の場合は、1本か2本、はっきりくっきりと出ています。

他の人の手相と見比べたことがないと、この線はシワにしか見えないかもしれませんし、この線を持っている人は、まだ数人しか観たことないので、あまり出ている線では無いのかもしれませんね。

\ スポンサーリンク /

-手相の見方
-,

パナセ

パナセ

このブログは、パナセ こと 折田知子が書いています。天職探して転職30回+ホステス歴10年の末、2004年より一人自営業やってます。⇒パナセ♥オフィシャル

2012年から手相鑑定をベースに個人コンサルティングを行ってます。

人気エントリー

手相の見方

おすすめコンテンツ

© 2020 手相観ぱなせ Powered by AFFINGER5