鑑定日記

定年までの期間が、勤続年数より短いなら、定年まで務め上げる方が良い場合が多いよ。

2016/7/2

今日は、20代の男性と40代同世代の女性が鑑定に来てくれました。女性は、わざわざ県外から。以前は無かった線が出ていて、それを調べていたら、このブログにたどり着き、そのまま予約を入れてくれたそうです。ありがたいねー。

40代後半のおひとりさま。(同士よ。笑)独立を考えているとのことで、今日も今日とて手相鑑定以上にビジネス相談の個人コンサルティング。ビジネスの話しはワクワクするね!

あれやこれやと話しをしたら、とっても喜んでくれて、とりあえず、早期退職を考えていたけど、ちゃんと準備してから退職することに。ちゃんと考えずに勢いだけで独立しては痛い目に合うだけだからね。

先日、【「あの時、やっておけば良かった」と後悔を残さない人生を!】でも書きましたが、「あの時、辞めなければ良かった」とならないようにするためには、出来る準備はめーいっぱいしとかないと。

60歳で定年を迎えても、その先の人生はまだまだ続くので、焦って、早期退職なんてしない方が良いですよ。定年まで勤められるなら、しっかり勤めあげて、頂くもの(給料や退職金)を頂いてから辞めないと。

会社がヤバイ(潰れそう)感じでも、自己退職よりリストラされる方が、失業保険も早く給付になるし、転職するにもリストラや倒産の方が有利だと思います。

ただし、給料遅延とか残業代でないとかパワハラ・モラハラがあるブラック企業は、とっとと逃げて良し!日本人は、”1度はじめたら長く続けないといけない”という固定概念に囚われてる感が強いですが、とっとと逃げた方が良い場合も多しね。

会社のために、自分を壊すことのないように。会社人間にならないように。会社は会社。自分の人生は、自分の人生。どこで働くか、どんな仕事をするかは、全部自分で決められますからね!

\ スポンサーリンク /

-鑑定日記

おすすめ

人気エントリー

手相の見方

\ キーワードで探してみてね! /

© 2020 手相観ぱなせ Powered by AFFINGER5