金星丘|愛と美の神ビーナスがつかさどる愛情の丘

当ブログの記事内では『アフィリエイト広告』などの広告を掲載している場合があります。記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。問題のある表記がありましたら、お問合せよりご一報くださると助かります。

西洋手相術で重要な丘は、大きく8つに分けられます。その中の親指まわり:金星丘についてです。

手のひらに宇宙|手相は丘(きゅう)が大事

金星丘は、親指まわり・生命線の内側部分になります。愛と美の神アプロディーテ(ビーナス)がつかさどる丘とされているので【愛情の丘】とも言われます。

ワタシ的は、自分側(月丘が他人側)を表現している場所と思っています。

金星丘の持つ意味・特徴

金星丘には『愛情・家族愛・所属愛』『芸術性、美』『慈しむ心や包容力』という意味があり、『生命力・健康・精力』や『親や実家・故郷との縁』を現します。

その人の第一印象を表現している部分でもあり、その人の中の女性的な部分を表現している部分でもあります。

この丘の肉付きが良ければ、生命力が強く、体力・気力があり、健康に恵まれます。反対に薄い人は、生命力や気力に欠けます。

手相観のコツ

手(親指)をよく使う人は発達していますし、体格も影響する場所ですが、手のバランスを観て、丘が盛り上がっているかを観ていきます。

金星丘に現れる4つの相

大きな格子になっている人は、愛情深くおおらかで包容力がある人

細かい格子になっている人は、細かいことに気がつく、繊細な人

横すじが強い人は、ストレスを受けやすい、人の痛みが分かる人

薄めの縦すじがある人は、恋愛体質のモテる人

金星丘に出る線・相

  • 生命線
  • 二重生命線
  • パートナー線
  • 姉妹線
  • 陰徳線

親指に出る相として、

  • ファミリーリング
  • 仏眼(仏心紋)

があります。

まとめ

  • 金星丘は愛情の丘
  • 生命力・気力・体力・精神力等、心身の強さを現している
  • 金星丘に細かい線が多い人はストレスを受けやすい
  • 金星丘が膨らんでいる人は家族や身内に対して愛情豊かな人
PR